検索
 HOME > 硬式野球部

窮地を抑え試合を締めくくった上原


ボールパーク便り  終盤点差を縮められるも逃げ切り中大に勝利  

◆4・2 オープン戦(明大グラウンド)
▼対中大戦
 ○明大9−8中大
オープン戦
中大
明大×

 何とか逃げ切り、9−8で中大に勝利した。初回に眞榮平大輝内野手(政経4=興南)の適時二塁打をきっかけに、相手投手の乱調もあり8点を先制する。2回にも内野ゴロの間に1点を追加し、試合を優位に進めた。だが中盤から終盤にかけて点差を縮められ、9回には1死満塁から走者一掃の右越え適時三塁打で1点差にまで追い詰められる。それでも、急きょ登板した上原健太投手(商3=広陵)が打者2人を切って取り、逆転だけは許さなかった。

[中田宏明]


◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
4・3(木)
亜大
明大グラウンド
4・4(金)
東海大
4・5(土)
東京ガス
4・6(日)
青学大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: