検索
 HOME > 硬式野球部

チームを指揮する善波監督


東京六大学野球 2014〜春〜  (1)開幕前監督インタビュー 善波達也監督  

 
 頂点の座は譲らない。決勝で亜大に敗れ悔しさに涙を飲んだ神宮大会から、長いオフシーズンを経て春季リーグ戦を迎えた。38年ぶりの春秋連覇を成し遂げた昨年のメンバーが多く残る今季は、3連覇にかかる期待も大きい。76年ぶりの3連覇、さらに昨年果たせなかった日本一へ、全員野球で上り詰める。

 昨年チームを春秋連覇へ導いた善波達也監督。今年は戦後初の3連覇、そして昨年達成できなかった日本一を目指し、指揮官としてシーズンを戦い抜く。今回は善波監督に現在のチームの状況やシーズンの意気込みを語ってもらった。(この取材は3月22日に行ったものです)


――現在のチームの投手陣の状況は
善波監督:
少しずつ求めるところが上がっていて、順調といえば順調です。先発で投げさせるつもりの山崎(福也投手・政経4=日大三)、今岡(一平投手・文4=横浜隼人)、上原(健太投手・商3=広陵)、柳(裕也投手・政経2=横浜)はイニング伸ばして投げさせているところです。(山崎は)今年が最後の1年で、今まで少しずつレベルアップはしていますが、昨年の秋にそれが止まってしまった感じはあるので、秋途中ぐらいから半年ぐらいから厳しく言ってきました。その成果が出ればいいなと思います。(上原は)先発のもう1枠を争う感じでやってもらっていますが、順調といえば順調なのかな。少しずつ、ゆっくり成長している感じです。(先発の2枠は)まだ決まってないです。

――現在のチームの野手陣の状況は
善波監督:
(野手陣は)糸原(健斗内野手・営4=開星)が試合に出るのは間違いないけど、どこで出るかは流動的という感じです。セカンドなのか、サードなのか、もしかしたらショートなのかとか。

――内野陣では現在レギュラー競争が激しいが
善波監督:
激しいというのが合っているかわからないけど、選手の中ではそうなのかな? 中には「チャンスだ!」って思うのもいるでしょうし、今まで固定化されていた内野陣が変わると思っている選手もいると思います。そういう意識は選手にあるかもしれません。でも、まだ「よしこいつだ!」っていうのは出てきてないですね。

――外野陣についてはいかがですか
善波監督:
菅野(剛士外野手・法3=東海大相模)が今ひとつなんですよね。柱になってもらうつもりでずっとオープン戦4番で起用していましたが、ちょっとここらへんで4番打てないかなという感じになってきました。外野もめどが立つかなというところにいったら菅野が駄目なので、まだ外野は高いレベルの争いではないですね。

――オープン戦で好調を維持している高山俊外野手(文3=日大三)については
善波監督:
(高山は)昨年より間違いなくレベルが上がっています。だけど手間のかかる選手で、一打席一打席しゃべりながらやっていかないといけないです。そろそろ自立していけるといいんだけどなという感じですが。でも、やることのレベルは確実に上がってきていますね。(打順は)今年は2番、3番あたりを考えてスタートしましたが、オープン戦途中から1番を打たせているので、1番、2番、3番のどれかだと思います。

――他の外野手については
善波監督:
萩原(英之外野手・営2=九州学院)が良くなっていますね。あと、海部(大斗外野手・商3=履正社)は緩やかな上り坂を上っています。

――捕手陣についてはいかがですか
善波監督:
坂本(誠士郎捕手・文3=履正社)がきちっとやってくれていますが、特にスローイングのところ中心にもっとレベルアップしないといけないですね。それでも野球を見る目は素晴らしいものはあります。高橋(隼之介主将・法4=日本文理)は一定のプレーをきちっとやってくれます。あと、坂本の次の捕手として佐野(恵太捕手・商2=広陵)あたりを育てにかかっています。

――今年も優勝候補に挙げられていますが
善波監督:
昨年勝ったからそういう目で見られていると思いますが、中にいると駄目な部分もたくさん分かりますから。昨年はたまたまです。一粘り、二粘りぐらいはしていますが、本当の力で勝ったわけではないです。そういうチームを目指していますが。まだ伸び盛りの年齢で、素質とやる気を持っている選手が集まっているので、もっとそういうことを引き出してあげたいです。昨年勝っている分、相手としたら「明治を何とか」って思いで来ると思います。練習量については2、3割強化するつもりです。こっちの中では昨年勝ったという感覚は全然ないから、今年は新たなメンバーでしっかり戦い抜こうと思います。

――最後に、今年1年間の抱負をお願いします。
善波監督:
昨年できなかった日本一を今年のメンバーでどう達成するかでやっていきますが、できなくはないメンバーなので高い意識を持ってみんなで取り組まないといけません。それでリーグ優勝、日本一にたどり着けるように指導していきたいなと思います。みんなにはそれを強く思って戦ってほしいなと思います。みんなで最後に神宮で喜べるように頑張るので、期待してください。

――ありがとうございました。

 [森大輔]

●東京六大学野球 2014〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: