検索
 HOME > 硬式野球部

低めに集める制球力が光る今岡


東京六大学野球 2014〜春〜  (4)開幕前選手インタビュー 今岡一平  

 
  頂点の座は譲らない。決勝で亜大に敗れ悔しさに涙を飲んだ神宮大会から、長いオフシーズンを経て春季リーグ戦を迎えた。38年ぶりの春秋連覇を成し遂げた昨年のメンバーが多く残る今季は、3連覇にかかる期待も大きい。76年ぶりの3連覇、さらに昨年果たせなかった日本一へ、全員野球で上り詰める。

 先発の座を目指す。ラストイヤーに懸ける今岡一平投手(文4=横浜隼人)は昨季4試合に登板。先発、中継ぎとあらゆる場面で活躍を見せた。オフシーズンには走り込みを強化し、体づくりに打ち込んだ。今季も強力投手陣の一角としての活躍が期待される今岡に話をうかがった。(この取材は3月22日に行ったものです)

――最近の調子はいかがですか
今岡:
大学に入ってから一番よいのではないかなと思います。このままの調子でリーグ戦に臨みたいです。オープン戦でも手応えを感じています。ボールが低くなったのであまり長打を打たれなくなりました。

――好調の要因は何だと思いますか
今岡:
冬場にみんなでとにかく走ったので下半身が強化できて、それがつながったのかなと思います。ポール間を30秒で行って1分休憩して、というメニューを20セットやりました。

――最近見つかった課題はなんですか
今岡:
試合になるとやはりちょっとした力みなどが出てきてボールが高くなってしまうときがあるのでピッチング練習と同じような感じで投げられるようにしたいです。あとはスピードもほしいです。リラックスして投げられるようにと考えています。どうしても試合になってしまうと、抑えよう抑えようと思って力が入ってしまうので、そこのバランスを保っていけるようにと考えています。それができたらもっとよくなるかなと思っています。

――自信を持っている部分はどこですか
今岡:
コントロールですね。(自分は)スピードではなくコントロールで勝負していくピッチャーなので。変化球が多いのですが、最近は真っすぐがよくなってきました。現段階では真っすぐで押せてきているので、いい感じだと思います。

――理想としているピッチングはどういった感じですか
今岡:
全球種で空振りを取れるボールを投げて1回からなるべく点を取られないで投げ切れるピッチングです。

――理想形に近づくために個人的に取り組んでいることは何でしょうか
今岡:
今年は、単純に投げ込むことよりもバッターと対戦形式での練習をしたいのでシートバッティングでたくさん投げて打者との感覚を大事にしています。シート打撃をやっている時が一番練習になっている感じがします。今はまだ全球種では空振りはと取れないのでもう少しだと思って頑張っています。それぞれの精度を上げていきます。

――他の投手陣の伸びが刺激になっている部分などはありますか
今岡:
とても感じますね。山崎、上原(健太投手・商3=広陵)、柳(裕也投手・政経2=横浜)をはじめとしたこの5人とか4人が先発の候補だと思うので、常に意識はしています。それぞれタイプがあるので、あまり直接お互いに投球に関する話はしません。キャッチャーとはよく話します。ボールの軌道について他の投手のことについてなどを聞いて参考にします。「こういう感じに投げてるんだなあ」と。同じ右投手で、球速は勝てないですけど球種も割と似ているので、柳は結構参考にしています。

――今後の目標は
今岡:
自分としては先発でやりたいのですが、リリーフでも抑えでもどこでも活躍できるような、投げたからには抑えられる、勝てる投手になりたいです。

――ありがとうございました。

◆今岡一平 いまおかいっぺい 文4 横浜隼人高出 173cm・78s 投手 右投右打


今岡 昨秋・通算成績
試合勝利敗戦打者投球回安打四死球三振自責点防御率
昨秋
40
91/3
10
0.00
通算
29
212
49 2/3
44
18
52
14
2.54




[箭内桃子]


●東京六大学野球 2014〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: