検索
 HOME > 硬式野球部

凛々しくガッツポーズを決める笠原


東京六大学野球 2014〜春〜  (14)東大戦事前インタビュー 笠原選手  

 頂点の座は譲らない。決勝で亜大に敗れ悔しさに涙を飲んだ神宮大会から、長いオフシーズンを経て春季リーグ戦を迎えた。38年ぶりの春秋連覇を成し遂げた昨年のメンバーが多く残る今季は、3連覇にかかる期待も大きい。76年ぶりの3連覇、さらに昨年果たせなかった日本一へ、全員野球で上り詰める。(この取材は2月16日に行ったものです)

 ついに今週末から春季リーグ戦が開幕する。開幕戦の相手は東大。現在32季連続最下位に沈んでいるが、投打に力をつけているため決して油断はできない。連勝で開幕ダッシュを決め、続く4カードにいい流れをもたらしたい。

<笠原琢志選手>
――昨季を振り返って
笠原:
最初の方はチーム全体として打てなかった上に、守備もあまりよくなかったです。最終戦に進むに向けてだんだんよくはなっていったんですけれども、やはり元があまりよくなかったので結局勝てずじまいで、残念でした。

――チームトップ打率でした
笠原:
一生懸命やったらいい結果がついてきました。毎回一生懸命やりました。(早大・高梨投手からの適時打は)リーグ戦は全体的に「打てる」という感じで入ることは少なくて、あの時も自信はなかったんですけど、甘い球がきたので思いっきり振ったらいいところに飛んでくれたっていう感じでした。

――捕手として
笠原:
技術面でまだまだです。あまり自分のプレーを見たくないです(笑)周りの人は本当にうまいので自信がないですね。この冬必死に勉強中です。引退された先輩からリードのノウハウを受け継いで、コーチからもアドバイスを受けています。やっぱり難しいです。

――明大の印象は
笠原:
ピッチャーがよくて堅実なイメージです。六大の中で一番野球がうまくて隙がないと思います。完成度が高い。(捕手としてマークしている選手は)菅野(剛士外野手・法3=東海大相模)とか打つなと思うし、糸原(健斗内野手・営4=開星)、坂本(誠志郎・文3=履正社)、あと福田(周平内野手・商4=広陵)も嫌なとこに打ってくるのでマークしないとと考えています。

――バッティングで個人的に取り組んでいることは
笠原:
メジャーリーガーっぽく打ってみたいです。漠然とですが。細かく説明すると、ヘッドが負けないようにトップハンドで強く振ることを意識してやっています。チームで取り組んでいる1週間3000本のメニューはこれから生きてくるかなと思っています。

――今季の目標をお願いします。
笠原:
打率3割打ちたいです。ホームランも打ちたいです。あとは坂本からベストナインを取りたいです。チームとしてはやりきった感があればいいかなと思います。

――ありがとうございました。

[箭内桃子]

●東京六大学野球 2014〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: