検索
 HOME > ラグビー部

三冠達成へ期待が懸かる


TRY AGAIN  (1)インタビュー 丹羽政彦監督  

 
 
 昨年は優勝を逃してしまったが、チームは春から確実に成長した1年だった。2年目を迎え、丹羽監督も手応えを感じている。今回は、丹羽監督に昨年を振り返ってもらうとともに、チームの変化、今年に懸ける思いを語っていただいた。

――1年目のシーズンを振り返って
丹羽監督:結果が出ないというのには、必ず理由があります。伝統的に明治が強かった頃のラグビースタイルを追求する上でのベースが、今は無いということがよくわかりました。全体的なサイズで、(他大と比べて)劣っている中で、フィジカル面を前面に出したラグビーが通用しない。それから、それに対するテクニカルな部分、明治で言えばモール、スクラムを押すといったベースの部分が、まだ足りていない。あとは現代のラグビーに合わせたアスリートとしての資質が、強豪校よりも足りていない。トレーニングの質の問題、チームでやろうとする取り組みの問題、それを実行しようとする時の役割が、少しずつ欠落していました。そのために大学選手権のセカンドステージで敗退してしまいました。結局は選手の中でそれが徹底できなかったのだと思います。一つ寮の中のルールにしてもできないところが、プレーの完成度にもでてきてしまいます。まず何よりも「やろうとする姿勢」が重要なので、その徹底が昨年はできなかったですね。

――新体制の始動時に「自立・自覚」を選手たちに求めましたが
丹羽監督:
完成度でいうとするならば、ラグビーに対する取組みはかなり改善されていましたが、まだまだ自主性が足りない選手が多かったです。明治の場合は時間もかなりコントロールしなければなりませんし、早朝に全体のスキルトレーニングもしなければならない環境の中で選手は良くやっていると思いますが練習時間のクオリティをさらに上げる必要があります。タイムマネージメントを選手がやらなければいけないというのは、大変なものがあると思います。それを1年目でやるとなると、選手の中でしっかりコントロールできていなかったのかなと思います。2年目になって、選手自身がやらなければいけないという意識は高まってきています。

――その点で変化はありましたか
丹羽監督:
寮生活、グラウンドでの規律をしっかりやるというのは、4年生が率先してやってくれています。今までは、監督・コーチの方がやるように言っていましたが、寮長の牛原寛章(政経4=佐賀工)を中心に掃除のチェックも含め選手主体でやれるようになってきました。方向性を下級生にも伝えてやっていくことも、徐々にできつつあると思います。練習時間のコミュニケーションというのも、昨年に比べればできるようになってきました。

――監督自身、2年目が始まりましたが心境の変化はありますか
丹羽監督:
学生のチームなので、1年1年が勝負だと思っています。学生も4年間という限られた中で、結果を求めなければならない。昨年は、正直前体制からの引継ぎを大きく変える事はせず微調整をしながらやっていたというのはありました。2年目が始まって、僕や小村ヘッドコーチたちのイズムは浸透してきているので、そういう意味ではコミュニケーションの部分も含めて、昨年と比べスタート地点としては大きく改善されていると思います。

――今年目指しているラグビースタイルはありますか
丹羽監督:
基本的にやることは変えようとは思っていないです。昨年はラインアウトの強みが出せると思っていたのですが、スローワー、リフターの問題もあって、うまくいきませんでした。セットプレーをまず安定させて、そこからのアタックを、まずメインとして考えています。昨年はボールを動かすとはいったものの、あまり動かせなかったので昨年よりは動かすプレーを遂行します。フィジカル面も新しいS&Cコーチの坂井祐介コーチのもとで、1月からスタートして昨年よりはだいぶ変わってきたと思います。そこをプレーに連動できるように、春は一試合ずつフォーカスするものを決めて戦っていきたいと思います。また昨年は、中盤からのエリアを取りにいくキックも多かったのですが、少しアタックエリアを広げて自陣22mラインを越えたところから、アタックを仕掛けていきたいです。ハイパントキックを中盤で使ってゲインしてからのオプションを増やそうとしています。FWはラインアウト、スクラム、キックオフのセットプレーを安定させ、今年は春からモールの基礎的な部分の練習をさせて、相手ディフェンスを集めてプレーをする明治スタイルを意識してやっていきたいです。モールは明治のお家芸のようなものがあるので、ベースから一回作り直して、しっかり夏までにはチャンレンジして、完成度を上げた形で秋を迎えたいです。

――フィジカルの強化について、どのように考えられていますか
丹羽監督:
ただウエイトトレーニングをやれば良いというわけではなくて、トレーニングと食事、睡眠の三本柱が大切です。食事の部分については、山田優香管理栄養士が昨年から非常に一生懸命やってくれています。1年目でみんな意識をして食事をするようになりました。2年目は、食堂の食事の改善もしてもらって、そこを連動させていきたいです。睡眠時間も惜しまず取るように言っているので、選手が意識をする部分と思います。ウエイトトレーニングはあくまでラグビーに直結するトレーニング。あとは相手を意識してトレーニングを追い込めているかどうかが大事で、問題はそこだと思っています。今は坂井コーチに任せきりではなくて、コーチ陣も率先して張り付いてチェックをしています。

――勝木来幸(営4=常翔学園)が、主将になった経緯を教えてください
丹羽監督:
明治のキャプテン、他大もそうだと思いますが、やっぱりゲームに出続けなければならない。後は全体を見渡せる人間的な感覚を持っているところ。それから何よりもラグビーに対して取り組む姿勢が一生懸命なところ。その部分を総合評価して、高校時代に主将も経験していますし、勝木を選びました。彼は、よく気が付く選手です。周りの状況や雰囲気を察して、下級生を含めてコミュニケーションを取れる選手です。勝木には明治のキャプテンということではなくて、常に自然体でいてほしいです。あとは、練習と試合で体現してくれれば良いと思います。

――リーダー陣は今年は、FWが2選手、BKが3選手が選ばれましたが
丹羽監督:
部員が95人いる中で、まずコミュニケーションのレベルを上げたいと考えています。横のつながりは強いのですが、縦のつながりがどうしても希薄になってしまうので、4年生のリーダー5名と学年リーダーを2名ずつ選びました。意思疎通を、1年から4年まで一気通貫にやるためには、今も月に1回はやっていますが「話す機会」を設けることが非常に重要です。また4年生にしっかりとした考えを持った選手が多かったので、副将を置かずにリーダー制にしたところもあります。主将経験者も多かったので、自分たちのポジションや、全体を通して気づくところを含めて、勝木一人ではなく全員で引っ張っていって欲しいです。

――これから春シーズンが始まりますが、心掛けたいことはありますか
丹羽監督:
チームのスタイルと個人のベーシックな部分のスキルの完成度ですね。スクラムはこうやらないといけない、ラインアウトはこうやる、モール、ラック、キック、パスもスキルのミスをなくす。それができた上で、ゲーム理解度ですね。どうゆう場面で、どうゆうアタック、ディフェンスをするかというのが、昨年より上がらなくてはなりません。今年、練習していて、パスのミスは少なくなってきました。昨年とは見違えるくらいに良くなりました。意識が変わってきているということだと思います。秋には当然、相手も研究してきますし、明治も研究します。明治スタイルのベースをブレずに戦う事が大事と思いますので、春はディフェンスもアタックも、要求しているものに対して選手はチャレンジしてほしいです。

――春シーズンで、意識している試合はありますか
丹羽監督:
特に意識している試合はないです。対抗戦のベスト4のチームとは全てやりますし、リーグ戦や社会人のチームともやるので、毎試合毎試合その週の選手の状態や取り組む姿勢も含めてまずはチャレンジをしていきたいです。別にメンバーも固定されているわけではありません。昨年は、FW・BK含めて全体の60%くらいを春のAチームで使ってきました。Aチームでゲームをするというのは、試合の感覚が違うので、全体のレベルアップのためにも、チャンスがある人間には積極的に使っていきます。(今年は)昨年Aチームを経験した人間も多く残っていて、判断能力も上がっていますし、コンタクトレベルも上がっていますので、個人の蓄積がある人が多いことはゲームのプランとしては戦いやすい状況にはあると思います。

――今のチームの状態は、いかがですか
丹羽監督:
昨年の今の時期と比べれば、良い状態だと思います。まだ基本的な個人のスキル、チームでやろうとしていることの部分にフォーカスして練習しています。試合は勝つか負けるかなので、勝つことをベースに考えながら、しっかり反省して一週間また準備をやっていくだけです。セブンズから6月22日の慶応戦までは、11週連続で試合なのでそのルーティーンの中で選手をチェックしながら、夏にはまた体作りとゲームマネージメントのクオリティを上げて、秋に備えたいと思います。

――今年の目標、意気込みを聞かせてください
丹羽監督:
優勝です。とにかく対抗戦Aグループ、ジュニア選手権、大学選手権の三冠達成という目標は明治ラグビー部90年を超える中でどの時代も変わりません。ストップ帝京大学の対抗馬の一番手になるのは、明治だと思っていますので、皆様の期待に応える結果を出すよう頑張りたいと思います。

[阿部慎]

●TRY AGAINのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: