検索
 HOME > ラグビー部


TRY AGAIN  (5)「自分でも行ける選手になる」川田修司  

 今年の明治は一味違う。丹羽政彦監督(平3文卒)が就任し、新体制となった昨年は関東大学対抗戦5位、全国大学選手権セカンドステージ敗退と悔しい結果に終わった。2年目の今年は勝木来幸主将(営4=常翔学園)の下、大学選手権、関東大学対抗戦、ジュニア選手権での「三冠」を目標に掲げる。全9回にわたって覇権奪回に闘志を燃やす男たちを紹介する。
ディフェンスを武器にレギュラーに定着
ディフェンスを武器にレギュラーに定着
 昨年度、FW・BKともにスタメンの中心となった新3年生の活躍が優勝へのカギを握る。今回はその中からCTB川田修司(情コミ3=桐蔭学園)に注目した。

 昨年度、春シーズンの終盤からレギュラーに定着した川田。対抗戦と大学選手権では、10試合中9試合でスタメン出場を果たした。持ち味は安定感のあるディフェンスと、周りを生かしたゲームメイクだ。昨年度は丹羽監督に評価された守備面を第一に考えてプレー。出場時間の増加と共にディフェンス、特に危機管理能力においては自信を深めた。しかし一方で、アタック面では課題も見つかった。自らの仕掛けは止められる場面も多く、CTBとしてボールキャリアーの役割を果たし切れなかった。
 
「自分でも行ける選手になる」
「自分でも行ける選手になる」
相手に当たり負けしない体をつくり「自分でも行ける選手になる」。まず取り組んでいるのは体重の増加だ。縦への推進力を身に付けることができればプレー選択の幅が広がる。周りを生かしたゲームメイクもさらに輝きを見せるはずだ。今シーズンもレギュラーの有力候補だが「明治のCTBは全体的にレベルが高い」と慢心はない。ゲームメイク能力と突破力を高い次元で兼ね備えた、万能型インサイドCTBを目指す。

◆川田修司(かわだ・しゅうじ)情コミ 桐蔭学園出 175cm・78s

[柴田遼太郎]

●TRY AGAINのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: