検索
 HOME > ラグビー部


TRY AGAIN  (7)「大学の中で一番強いスクラムを」須藤元樹  

 今年の明治は一味違う。丹羽政彦監督(平3文卒)が就任し、新体制となった昨年は関東大学対抗戦5位、全国大学選手権セカンドステージ敗退と悔しい結果に終わった。2年目の今年は勝木来幸主将(営4=常翔学園)の下、大学選手権、関東大学対抗戦、ジュニア選手権での「三冠」を目標に掲げる。全9回にわたって覇権奪回に闘志を燃やす男たちを紹介する。
 昨年度、FW・BKともにスタメンの中心となった新3年生の活躍が優勝へのカギを握る。今回はその中からPR須藤元樹(文3=国学院久我山)に注目した。

 
不動の右PRとしてチームに貢献した
不動の右PRとしてチームに貢献した
須藤は明治のFWに欠かせない存在だ。上級生としての自覚と責任を持ち、今年はさらにチームを奮い立たせる。
 「他人と一緒ではレギュラーになれないと思った」。人一倍自主練習に励み、1年次からレギュラーに名を連ねた。昨年度は不動の右PRとしてスクラムを支え、得点源となった密集プレーにも大きく貢献した。
今春のジュニア・ジャパン遠征に参加し、海外にも通用するスクラムを学んだ。低い姿勢とヒットスピードの向上の大切さをあらためて実感し、オーストラリア戦で実践もした。その経験を生かし、今年は「大学の中で一番強いスクラムを目指したい」と語る。
大学の中で一番強いスクラムを目指す
大学の中で一番強いスクラムを目指す

 現在、腰のケガで練習に参加しておらず、復帰は夏の見通しだ。療養の期間もトレーニングはもちろん欠かさない。復帰後は「スクラムだけでなくアタックやディフェンスも力を入れていきたい」と意気込んだ。三冠達成を強く掲げる須藤の活躍に、今年も期待が懸かる。

◆須藤元樹(すどう・げんき)文3 国学院久我山出 173cm・107s

[三浦亜優美]

●TRY AGAINのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: