検索
 HOME > 硬式野球部

左打者の多い明大打線に立ちはだかる左腕の加嶋


東京六大学野球 2014〜春〜  (24)ベストメンバーで挑む 慶大を倒し首位キープだ/慶大戦展望  

 頂点の座は譲らない。決勝で亜大に敗れ悔しさに涙を飲んだ神宮大会から、長いオフシーズンを経て春季リーグ戦を迎えた。38年ぶりの春秋連覇を成し遂げた昨年のメンバーが多く残る今季は、3連覇にかかる期待も大きい。76年ぶりの3連覇、さらに昨年果たせなかった日本一へ、全員野球で上り詰める。
 第1カードの東大戦で順調に勝ち点を獲得した。今週の相手は昨秋4位の慶大。昨年春秋Bクラスの雪辱を果たすべく、開幕カードの東大戦で連勝発進。昨年からの主力が多く残り、要注意のチームだ。接戦が予想されるが確実に勝利し、首位を走りたい。

 タイプの異なる先発2本柱は厄介だ。先発は加嶋と加藤拓の2人が予想される。加嶋は制球力が武器の3年生左腕。球速はないが丁寧にコーナーを突く投球が持ち味であり、昨秋の東大2回戦ではノーヒットノーランを達成した。2年生右腕の加藤拓は、加嶋とは対照的に勢いのある直球で攻める投球が特徴だ。「自分の持ち味の真っすぐは通用するかなとは思った」(加藤拓)と自信を持つ、140km中盤をコンスタントに計測する直球は威力がある。昨秋に1年生ながら先発の一角をつかむと、当時のエース白村(現北海道日本ハムファイターズ)を押しのけて1回戦の先発を任されるまでになった。
 慶大の今季の第1カードの東大戦では加嶋、加藤拓2人とも持ち味を発揮した。1回戦では開幕投手を任された加嶋の制球力がさえ、無四球完封勝利を挙げた。それに負けじと、2回戦では加藤拓が直球主体の投球で7回を9奪三振無失点の投球。連勝に貢献した。後ろには今季からエース番号18を背負う明、左腕の三宮、小原らが控える。
 東大戦では植田弘樹内野手(文4=関西)、眞榮平大輝内野手(政経4=興南)らが好調。1回戦で植田が4安打、眞榮平が3安打と4年生になりスタメンをつかんだ2人が活躍した。そこに、本調子とはいかなかった主力の菅野剛士外野手(法3=東海大相模)、山俊外野手(文3=日大三)らの本来の力が加われば、慶大投手陣を捉えることができるだろう。

慶大不動のリードオフマン佐藤旭<
慶大不動のリードオフマン佐藤旭

 活発な打線も注意が必要だ。東大戦2試合合計で25安打20得点、2試合とも2ケタ安打を記録した。東大1回戦では谷田、2回戦では藤本知がそれぞれ2点本塁打を放つなど中軸に一発が飛び出している。中でも1番から4番までが要警戒だ。1番に座る主将の佐藤旭は通算打率3割と、シュアな打撃でチャンスメーカーとしての役割を果たしてくる。攻撃型2番の山本泰は昨秋初の打率3割越え。昨秋の明大2回戦で上原健太投手(商3=広陵)から一時は逆転となる本塁打を放っている。3番谷田は昨秋リーグ3位の10打点と勝負強さに定評のある巧打者。4番横尾は1年春からレギュラーを張り続けるスラッガーだ。上位打線に実績のある選手がそろうだけに波に乗せたくない。
 当たっている選手が多く、勝利にはエースの山ア福也投手(政経4=日大三)の働きは不可欠。また慶大打線は右打者が多く名を連ねている。今岡一平投手(文4=横浜隼人)、柳裕也投手(政経2=横浜)といった右腕の投球も重要になってきそうだ。

 ベストメンバーで臨む。ケガで出遅れていた糸原健斗内野手(営4=開星)、福田周平内野手(商4=広陵)が空き週に行われたオープン戦にそろって先発出場。さまざまな修羅場をくぐり抜けてきた2人の復帰は大きな収穫だ。昨秋は慶大に連勝したことが、優勝への大きな勢いになった。その一方で、慶大は連敗したことで優勝戦線から脱落した苦い経験がある。その悔しさをぶつけて挑んでくるだろうが、本来の野球で迎え撃つ。投打に4年生が軸となり確実に勝ち点を奪う。

[森光史]

応援へ行こう!
対慶大戦 
4月26日 10時半試合開始予定(一塁側)
4月27日 13時半試合開始予定(三塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

過去の慶大戦スコア
シーズンスコア成績
13年秋○5−0優勝
○4−2
13年春●3−5優勝
○4−0
○2−0
12年秋●2−54位
○3−1
△0−0
●0−1
12年春●1−24位
●2−8
11年秋●0−2優勝
○3−2
○7−0
11年春○6−04位
△2−2
●3−9
●0−5
10年秋○4−04位
●0−8
●3−4
10年春●2−33位
●3−4
09年秋●3−8優勝
○3−1
○8−4
09年春○7−23位
○2−1
08年秋●2−33位
●1−3
08年春△0−0優勝
○6−2
○2−1


勝敗表 第2週  4/25現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
明大---        ○○220011.000
早大  ---  ○○    220011.000
慶大    ---    ○○220011.000
法大  ●●  ---○○  42201.500
立大      ●●---  20200.000
東大●●  ●●    ---40400.000





●東京六大学野球 2014〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: