検索
 HOME > 硬式野球部

硬式野球部  優勝へ向け崖っぷちに 法大に先勝許す/東京六大学春季リーグ戦

◆4・12〜6・1 平成26年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・3 対法大1回戦
 明大1−2法大○
1回戦
明大
法大1×

(明)●山崎(1勝1敗)―坂本
(法)○石田―安本
【二】(法)畔上(9回)
(明)◇犠打4 長嶺(2、9回) 坂本(5回) 菅野(6回)◇併殺1 ◇残塁9 ◇盗塁1 高山(1回) ◇失策1 山崎(3回)
 3連覇に黄色信号が灯った。1―1の同点のまま迎えた最終回。先発の山崎福也投手(政経4=日大三)が試合終了目前の2死から出塁を許すと、7番畔上(法大)にサヨナラ打を浴びて1―2でサヨナラ負けを喫した。初回、法大先発の石田の立ち上がりを突き、植田弘樹内野手(文4=関西)の右前適時打で先制。しかし、2回に同点に追い付かれると、その後は好機の場面であと1本が出ず、2回以降は無得点に終わった。痛い一敗を喫し、優勝へ向けて後がなくなった。 

 あと一人だった。1―1と同点で迎えた最終回。完投目前の山崎が簡単に2死を奪い、引き分けに持ち込めると思われた。しかし、6番佐藤竜(法大)に安打を打たれて土壇場で出塁を許す。ここで打席には2回に同点打を打たれた畔上。それでも畔上を1ボール2ストライクと引き分けまであと1球に追い込んだ。しかし、次の球で試合は決した。畔上に投じた4球目は138kmの高めの直球。差し込まれながらもバットを振りぬいた大きな打球は左翼線の際どい場所へ。左翼を守る途中出場の小倉貴大外野手(文3=関西)が必死に追うが、打球は無情にもフェアゾーンに落下。これで一塁走者が一気に本塁へ生還し、サヨナラ負けを喫した。法大の選手たちがベンチから飛び出して喜びを爆発させる一方で、明大ナインはその場に立ち尽くした。あと1人抑えれば引き分けで試合終了だったが、最後の最後で法大の粘りに屈した。 
敗戦後、うつむく選手たち 優勝へ向け、追い込まれた <
敗戦後、うつむく選手たち 優勝へ向け、追い込まれた


 一球に泣いた。先発マウンドに上がった山崎は本調子ではなかったが「一番良い球がカーブだった」(坂本誠志郎捕手・文3=履正社)と、初回から110km前後の落差のあるカーブを中心とした配球で、得点を許した2回以外は二塁を踏ませなかった。8回まで1失点と先発の役割を果たしたが、最後はサヨナラ打を浴びて敗戦投手に。チームを勝利に導けなかったエースは敗戦後、目に涙を浮かべながらベンチに戻った。
福田は9回2死二塁の好機で<br>左飛に倒れた <
福田は9回2死二塁の好機で
左飛に倒れた


 1点が遠かった。前カードの慶大戦3試合で30残塁と勝負どころでの一打に課題を残していたが、この試合も克服できなかった。この試合9イニング中6イニングで得点圏に走者を置いたが、ピンチになればなるほど強気に直球を投げ込んでくる相手先発の石田の前に凡打の山を築いた。初回、先制点を奪い、なおも2死一、二塁の好機が続いたが6番の菅野剛士外野手(法3=東海大相模)が一ゴに倒れ、追加点を奪えなかった。3回にも2死一、三塁の場面で打席には菅野。しかし、二ゴに打ち取られ、ここでも好機を逃してしまった。9回にも2死二塁と最後の勝ち越しの好機をつくったが、福田周平内野手(商4=広陵)が左飛に打ち取られ、最後まで石田を捉えることができなかった。この日も再三の勝負どころでの一打が出なかった。

 崖っぷちに立たされた。明日の試合に敗れると自力優勝が消滅する。正真正銘の「負けられない」(高橋隼之介主将・法4=日本文理)戦いを強いられることとなった。明日の先発は柳裕也投手(政経2=横浜)が予想される。打線が勝負強さを発揮して、期待の右腕を援護する。一つも黒星が許されない状況から、紫紺の底力を見つける。

[西村典大]






◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(遊)福田(広陵).400二飛右飛    左安  二ゴ  左飛  
(捕)坂本(履正社).222三ゴ 中飛  投ギ  中飛    
(中)高山(日大三).409二安  左邪飛  二ゴ  一ゴ    
(二)糸原(開星).235遊安  四球  遊ゴ    遊ゴ  
(三)植田(関西).556右安  右安    死球  三振   
(左)菅野(東海大相模).053一ゴ   二ゴ    投ギ  二直
 小倉(関西).000                  
(一)眞榮平(興南).375   左安   三振  右安    中安
 宮内(習志野).364                  
 佐野友(日大三).333                  
(投)山崎(日大三).400  左飛  左飛  三邪飛    三飛
(右)長嶺(宮崎工).182  捕ギ  中飛 中飛   投ギ
 海部(履正社).000                 
   31.278                
◆明大投手成績◆
名 前球数
●山崎(日大三)8 2/31321.85


◆ベンチ入りメンバー◆
10高橋隼(法4=日本文理)佐野恵(商2=広陵)26吉田(国際2=佼成学園)
11山崎(政経4=日大三)眞榮平(政経4=興南)福田(商4=広陵)
18今岡(文4=横浜隼人)糸原(営4=開星)長嶺(文4=宮崎工)
29月田(商4=熊本工)25佐野友(商4=日大三)菅野(法3=東海大相模)
上原(商3=広陵)14大塚(商3=花咲徳栄)38高山(文3=日大三)
17柳(政経2=横浜)16宮内(政経3=習志野)24海部(商3=履正社)
23星(政経2=宇都宮工)植田(文4=関西)37小倉(文3=関西)
31齊藤(政経1=桐蔭学園)34竹村(政経1=浦和学院)
12坂本(文3=履正社)28上西(営3=明大中野八王子)



勝敗表 第4週  5/3現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
慶大---    ○△○  ○○540121.000
早大  ---○○  ○●○○ 65102.833
法大  ●●---○○  53211.600
明大●△●  ---  ○○62301.400
立大  ●○●●●  ---  51400.200
東大●●  ●●  ---50500.000



試合後のコメント
チームをまとめる高橋主将

「勝負際で負けました。負けは負けなので切り替えるしかないです。もう負けられないので、優勝に望みをつなぐために明日以降勝っていきます」

巧みなリードを見せた坂本
「(山崎は)今日は低めに丁寧に投げて頑張っていたので勝たせてあげたかったです。本人は調子が良くないといいながらあれくらいのピッチングができるので、勝たせたかったです。(カーブが多かったが)一番良い球がカーブだったので、良い球でどんどんいこうと。バッターもあのカーブは嫌だと思うので増やしていきました。一番悔しいのは(山崎)福也さんだと思うので、もう一回投げさせて勝たせてあげたいという気持ちです。もう一回投げられるようにして、福也さんに勝ちが付くことが今後につながるのでそうやっていきたいです」

先制打を放った植田
「(初回の先制適時打は)真っすぐです。絶対に先制点は欲しいと思っていたので絶対に打ってやろうという気持ちで打ちました。打った瞬間に抜けたと思ったので良い感触でした。前の試合からずっと良い感じで打てていて調子は良いです。でもチームが勝たないと意味はないと思います。明日、明後日絶対に勝たなくてはいけないので今まで通り打って勝ちにつなげられたらと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: