検索
 HOME > 硬式野球部

春季リーグ戦の閉会式が行われた


東京六大学野球 2014〜春〜  (41)植田、高山がベストナインに選出  

 
 慶大の6季ぶり34回目の優勝で春季リーグ戦が終了し、閉会式が行われた。ベストナインには植田弘樹内野手(文4=関西)が三塁手部門で、高山俊外野手(文3=日大三)が外野手部門で選出された。

 植田は今季通して首位打者争いを展開してきたが、惜しくも打率4割7分7厘の武藤(早大)にその座を奪われた。ただ、リーグ3位の打率4割3分2厘を記録するなど好成績を残し、初受賞を果たした。高山は今季も安定して安打を積み重ね、1年春以来の打率3割越え。この活躍が評価され2季連続、現役最多3度目の受賞となった。

[森光史]

◆ベストナイン◆
位置選手出身高回数(票数)
投手
有原 航平(早大)
広陵
初(12票)
捕手
土屋 遼太(早大)
早稲田実
初(18票)
一塁手
武藤 風行(早大)
金沢泉丘
初(満票)
二塁手
竹内  惇(慶大)
慶應義塾
初(満票)
三塁手
植田 弘樹(明大)
関西
初(16票)
遊撃手
佐藤竜一郎(法大)
作新学院
初(11票)
外野手
佐藤 拓也(立大)
浦和学院
2回目(20票)
外野手
谷田 成吾(慶大)
慶應義塾
初(19票)
外野手
高山  俊(明大)
日大三
3回目(15票)




明大ベストナイン野手リーグ戦成績
氏名試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁四死球打率
植田
14
44
19
.432
高山
14
56
19
.339





 太字はリーグ最高


●東京六大学野球 2014〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: