検索
 HOME > 硬式野球部

社会人相手に好投した齊藤


ボールパーク便り  終盤に投手陣が崩れJX−ENEOSに敗戦  

◆9・10 夏季オープン戦(明大グラウンド)
▼対JX−ENEOS戦
 明大1−8JX−ENEOS○

オープン戦
JX−ENEOS
明大

 都市対抗4強の強豪・JX−ENEOSに1―8で敗北を喫した。

 敗戦の中で1年生の好投が光った。先発した齊藤大将投手(政経1=桐蔭学園)は5回を投げ8奪三振で無失点、許した安打は1本と試合をつくる。しかしリリーフ陣が6回に2点を取られ逆転されると、8回にも集中打を浴びさらに6失点と踏ん張れなかった。得点は5回に挙げた犠牲フライによる1点のみ。6回には糸原健斗内野手(営4=開星)の二塁打でチャンスをつくる場面もあったが後続が凡退した。秋季リーグ戦開幕を間近に控え、投打に不安の残る内容となった。

[原大輔]

◆夏季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
9・14(日)
中大
明大グラウンド
9・15(月)
日立製作所



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: