検索
 HOME > 硬式野球部

菅野の中犠飛で決勝点を挙げた


ボールパーク便り  終盤の1点で日立製作所との投手戦を制す  

◆9・15 夏季オープン戦(明大グラウンド)
▼対日立製作所戦
 ○明大1―0日立製作所

オープン戦
日立製作所
明大×

 秋季リーグ戦前最後のオープン戦で日立製作所に1―0で勝利を収め、リーグ戦へ弾みをつけた。

 会心のリレーだった。この試合は5投手の継投で相手打線をわずか2安打、無得点に封じた。中でも先発した今岡一平投手(文4=横浜隼人)と2番手で登板した山崎福也投手(政経4=日大三)は三者連続三振を奪うなど、順調な仕上がりを見せた。

 打線は8回1死一、三塁の好機で菅野剛士外野手(法3=東海大相模)が中犠飛を放ち待望の先制点を得る。この1点が決勝点となり投手戦をものにした。

 この試合で夏季オープン戦は全て終了した。今週末の20日東大戦から、覇権奪回を懸けた戦いがいよいよ始まる。

[尾藤泰平]


●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: