検索
 HOME > 硬式野球部

有原は今季も大黒柱としてチームを背負う


東京六大学野球 2014〜秋〜  (14)大黒柱攻略で宿敵撃破だ/早大戦展望  

 
 逆襲の秋が始まる。昨季、戦後初の3連覇を逃し3位に終わった。その悔しさを糧に夏場は個々にレベルアップを図った。目指すは天皇杯の奪還、そしてその先の悲願の日本一。雪辱を果たす時は来た。

 前半戦のヤマ場を制す。開幕カードの東大戦を連勝し、勝ち点を獲得した明大が第2カードの相手として迎えるのは宿敵・早大。昨季はエース・有原に2敗し優勝の望みを断たれた。何としても覇権奪回を目指す今季は早大から勝ち点を奪い、秋連覇に向け弾みをつける。


 エースを打ち崩し雪辱を果たす。第1戦の先発として予想されるのは、大学野球界ナンバー1右腕と謳われる有原。持ち前の最速156kmの速球に加え、内角を突く制球力を身に着けた昨季は自己最高となる5勝を挙げ、さらなる飛躍を遂げた。しかし、昨季は一騎打ちとなった慶大との優勝争いで敗れ優勝を逃した。有原が先発に定着した2年秋から優勝の経験がないだけに、ラストシーズンへ懸ける思いは強いだろう。今季も明大にとって最大の壁となるのは間違いない。
 大竹が開幕法大戦を7回無失点の好投で初登板初勝利を挙げた。ルーキーの開幕戦勝利は2007年春の斎藤佑樹(現日本ハムファイターズ)以来。吉永、高梨がともに法大戦で乱調と不安を残すも、ルーキーの台頭は早大にとって明るい材料だ。

 大黒柱を打ち崩す。東大戦で好調をアピールしたクリーンナップ・高山俊外野手(政経3=日大三)、糸原健斗内野手(営4=開星)の前にランナーを貯め、ビックイニングを作り出したい。オープン戦で活躍を見せ、東大1回戦でスタメン出場を果たすと2回戦では1番に抜擢された小倉貴大外野手(文3=関西)にも期待だ。上位打線で攻撃に勢いをつける。

天性のスラッガー小野田
天性のスラッガー小野田
 スピードとパワーを兼ね備えた打線を擁する。初戦の法大戦では2戦合計28安打14得点と打線が爆発。昨季チーム打率3割を記録した強力打線は健在で、主将の中村を筆頭に六大学屈指の強打者が並ぶ。クリーンナップには通算本塁打数現役トップを誇る小野田、昨季打率・本塁打の二冠王に輝いた武藤、抜群の勝負強さで昨季9打点を挙げた茂木が座り、いずれも確実性と長打力を併せ持つ。正捕手・土屋は伝統の背番号「6」を背負い、昨季は打率0.379をマークしブレイクした。今季も8番ながら法大戦で逆転満塁本塁打を放つなど、下位打線まで切れ目はない。この打撃力に加え、昨季は盗塁27を記録した機動力も織り交ぜ、崩しにかかってくる。   

 厚みを増した投手陣が早大打撃陣に挑む。春に早大1回戦の先発を任された柳裕也投手(政経2=横浜)、リーグ戦初勝利を挙げた齊藤大将投手(政経1=桐蔭学園)が早大打線相手にどこまで渡り合えるか。オープン戦で成長の兆しを見せた両投手の更なる飛躍に期待が懸かる。

 昨季の早大1回戦では先発した有原に4安打完封負けを喫し、優勝の可能性が消滅した。その苦い記憶を払しょくするべく、打倒・有原に燃える。東大戦では、けん制死や失策、盗塁死などミスが目立った。それぞれが課題を見つめ直し、来る早大戦に臨みたい。投打の歯車が噛み合えば2連勝も十分に狙えるだろう。好敵手相手に雪辱を果たし、勝ち点をつかみ取る。

[萬屋直]



応援へ行こう!
対早大戦 
9月27日 14時試合開始予定(一塁側)
9月28日 11時試合開始予定(三塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

過去の早大戦スコア
シーズンスコア成績
14年春●0−23位
○8−1
●3−8
13年秋○3−1優勝
●1−4
◯5−4
13年春●1−10優勝
△2−2
◯9−1
◯5−1
12年秋◯3−24位
○7−0
●4−0
12年春△3−34位
●2−3
◯6−3
●6−7
11年秋◯4−1優勝
●3−6
◯9−4
11年春◯4−24位
◯7−0
10年秋●2−44位
●1−2
10年春◯3−03位
◯5−2
09年秋●2−4優勝
●2−8
09年春●0−73位
◯5−3
●2−4
08年秋●1−33位
△0−0
●0−3
08年春◯4−3優勝
●0−3
○2−0


●東京六大学野球 2014〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: