検索
 HOME > 準硬式野球部

7回2失点と力投した篠原

準硬式野球部  篠原の粘投も打線がつながらず リーグ戦初黒星/東京六大学秋季リーグ戦

◆8・30〜10・25 平成26年度東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・4 対立大1回戦(昭島市民球場)
 明大1―2立大○
1回戦
立大
明大
 開幕からの連勝が「6」でストップした。初回、久保田駿内野手(法1=広陵)の左前適時打で先制。その後互いにゼロを重ね6回、これまで無失点に抑えていた先発の篠原匠投手(政経1=明大中野八王子)が3安打を浴び2失点と勝ち越しを許した。9回裏、1死満塁のサヨナラの好機をつくるも二者連続三振に倒れ第1戦を1―2で落とした。

 追加点が取れなかった。東大戦で11得点した打線は初回の1得点だけにとどまった。先頭打者の萩谷直斗内野手(営2=水城)が右中間に抜ける二塁打を放つ。続く久保田は送りバントを試みるが2球連続で失敗。それでも「何とか塁を進めるという気持ちで打った」(久保田)とヒッティングに切り替えた2球目に左前適時打を放ち、幸先良く先制した。
 その後は好機をつくるも走者をかえすことができなかった。最大の好機は1点ビハインドで迎えた9回の攻撃。加藤直紀主将(商4=明大中野八王子)の左前安打と豊田貴光内野手(営4=広陵)の左中間への二塁打などで1死満塁と一打逆転サヨナラの場面に。しかし代打の吉田由宇捕手(法3=日本文理)が見逃し三振、続く薄田寛也投手(農2=日本文理)も空振り三振を喫しゲームセット。あと一本を出すことができなかった。

 思うような投球ができなかった。リーグ防御率1位の篠原が先発を任されたが「タイトルを取れる位置でどうしても欲が出た」と普段意識しないものが現れた。1回、2回ともに走者を2人出しても後続を打ち取っていたが、焦りが見え始めたのは6回。先頭打者に安打を許すと続く打者にインコースの直球を左前にはじき返され同点。その後2死二塁から中前適時打を浴び逆転を許した。「今日は勝ってエースの赤尾さん(裕希・文4=錦城)につなげたかった」と篠原。この悔しさをばねにこれからの試合に臨んでいく。

 初黒星を喫したが優勝には一番近い。「まずは明日、3戦目のことは考えずに2戦目を確実に取ることを意識してやっていきたい」と加藤。試合後も引きずる様子はなく、選手たちの会話の中で笑顔を見せた。うまく切り替えて第2戦に臨みたい。

[吉田周平]

試合後のコメント
加藤

「9イニングで1点では勝てないというのが正直なところ。9回の攻撃では遅いので(初回に)1点取った後にそこから追加点を取ることができなかったのが敗因だった。(立大戦までの2週間で生かせたことは)取りあえずバットを振るというのを意識してやっていた。みんな調子も上がっていたと思っていたが向こう(立大)のピッチャーにうまくやられてしまった。(開幕からの連勝が止まったことについては)優勝できれば問題はないと思うので今回の負けを変に引きずらずに勝ち点をしっかり取れればいい。それを意識してやっていきたい。(篠原のピッチングは)安定して投げてくれているので、今日の7回2失点も上出来で全然問題ないと思う。打線で援護しきれなかったのが申し訳なかった。(第2戦の意気込み)もうこれで一敗もできなくなったので、まずは明日、3戦目のことは考えずに2戦目を確実に取ることを意識してやっていきたいと思う」

風岡厚志主務(理工4=川和)
「初回の攻撃をもう少し丁寧にいけば良かった。萩谷、久保田の連打で、久保田のところも2回バントを失敗したが、普通だったらあそこでまだバントをさせるべきだった。ヒット打ったので結果オーライだが、まだ久保田がいてノーアウト一塁から、送りバントだったりもっと丁寧にいろいろな攻め方があったと思う。(先制点を取れたことは)先制点については取れて良かったと思うが、ノーアウトで1点取って、その回に1点しか取れなかったというのが良くなかった。あの回に2点以上取れていればまた違った展開になったと思う。(あと1本の場面が多かったが)チャンスもツーアウトからが多かったので、そこは自分のサインどうこうではなかった。(9回薄田の打席は)練習を見ていてもバッティングは悪くないので、潜在能力は今の選手の中で一番高い。それを信じて打席に送った。(6回に2失点の)篠原はボール自体は結構良かったし、打たれたボールは高かったが、リードの面に関しては金子に全部任せているので、打たれたことに関しては相手のバッターがうまかったというのがある。守備力に関しては最近本当にみんな安定しているので、心配はしていない。(立大2回戦のポイントは)連打で得点を重ねられるかが一番大事。投手陣は結構投げてくれているし、立教も連打でくるチームではないので、2点、3点には抑えられると思う。そこでいかに相手のミスではなくて、こっちが打ったりサインプレーで点が取れるかというのが大事になってくる」

久保田
「打てなかったのが原因だと思うが、負けたら何もないので今は試合を振り返るよりは次の試合に向けてやっていきたい。(初回のタイムリーは)萩谷さんが出塁してくれて絶対にバントを打たないといけなかったが、失敗して何とか塁を進めるという気持ちで打った。(2回バントの失敗があったが)あの場面で二つとも失敗したのはあり得ないのでそこは反省している。高校の時に比べてバントが打てなくなっているので練習していかないといけない。(その後のヒットは)バントを失敗したので何がなんでもという気持ちで打席に入ったのが結果につながって良かったが、失敗には変わりないので反省している。(相手のピッチャーは)後半から直球も変化球も低めに集まっていたのでいいピッチャーだったと思う。(6回に逆転されたが)篠原が頑張っていたがタイムを取って間を空けるべきだった。(疲れは)篠原は悪くないが、打てなかった自分らのせい。(首位打者は)狙っていない。結果がついてくればいいなと思う。チームが勝つのが一番。(初回のヒットだけだったがバッティングについては)塁に出ないといけないのに粘ることもできなかったので、次の試合は出塁を考えてやりたい。(9回は)満塁までいって最後まで粘り強くできたので負けはしたが、次の試合につながると思う。(初めての負けだったが)負けは気にせず次に向けてやりたい」

篠原
「防御率が断トツで1位ということは知っていた。気にしてはいけないということは分かっていたが今日は欲が出てしまい打たれ始めてチームのために投げるという意識が低くなってしまった。今日はいろいろあったが一番は6回の自分の気持ちが駄目だった。チームには申し訳ないと思っている。高校の時は個人タイトルとか何もなかったので点を取られようが勝てば良かった。今は個人タイトルを取れる位置でどうしても欲が出た。打者との対戦を楽しむことやチームの勝利のために投げられなかったのは申し訳ないと思うに今日は尽きる。立ち上がりのピンチは特に気にしなかった。あの時はまだ落ち着いていた。6回には先頭打者を出してしまったのが焦った要因の一つ。直球も変化球も今日は良かったので調子は悪くなかった。個人タイトルよりも本当にチームの勝利を優先した投球ができる投手になりたい。自分も金子(昂平・営1=済美)もまだ若い。かわしていく投球もできたが強気で攻めて打ち取ろうと金子が言ってくれていると思いながら投げた結果、ポテンヒットとうまく拾われたのがあった。まだまだ成長していきたい。今日は勝ってエースの赤尾さんにつなげたかったが負けてしまった。今度は赤尾さんが勝って自分に託してもらえるように、そしてそこで最高の準備ができるようにしたい」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: