検索
 HOME > 硬式野球部

先発としてチームの優勝に貢献した柳


東京六大学野球 2014〜秋〜  (38)神宮大会前インタビュー 柳裕也、齊藤大将  

 
 春に3連覇を逃し、覇権奪回を懸けて挑んだ秋。勝ち点を落とせば優勝を逃す最終カードの立大戦で初戦を落とし、一度は崖っぷちに立たされた。だが、そこから底力を見せ、勝ち点を挙げて優勝へと望みをつなぐ。そして、次週の早慶戦が1勝1敗となって勝率で明大を上回るチームがなくなり、2季ぶり37度目のリーグ優勝を果たした。次の戦いは11月14日から始まる明治神宮大会。昨年は決勝で亜大に敗れ、あと一歩のところで優勝を逃した。今年こそ日本一の栄冠をつかみとる。

 飛躍のシーズンを過ごした。今季開幕投手を務めた柳裕也投手(政経2=横浜)は主に先発として9試合に登板。緩急自在の投球を武器に上原健太投手(商3=広陵)と並ぶチームトップタイの3勝を挙げた。今季大きく躍進した柳に今季の振り返りと明治神宮大会への意気込みを伺った。(この取材は11月1日に行ったものです)

――今季を振り返っていかがですか
柳:
この秋は全カードで先発できて良い経験ができました。それでもシーズン序盤は調子が良かったのですが、終盤に崩してしまってトータルでは良くなかったです。もう少しやれたかなと思います。(シーズン合計で)本塁打を4本打たれたのは良くなかったです。本塁打は流れを悪くするので減らしていきたいです。

――今季、流れを左右した試合は
柳:
流れが良くなったのは早稲田戦ですね。序盤のヤマ場でしたし、春に負け越した相手に連勝できたことは大きかったです。

――早大2回戦では8回2死まで無安打の快投を見せましたが
柳:
自分としても、東大戦で打たれてしまって後がない中で良い投球ができたことは良かったです。

――逆に流れが悪くなった試合は
柳:
自分が先発した慶大2回戦です。初回に横尾さん(慶大)に本塁打を打たれてしまって、点数だけでなく流れもあっちにやってしまいました。先発としての役割を果たせなかったです。

――その慶大戦で勝ち点を落とした後、立大戦で粘って勝ち点を取れたことは昨春の法大戦の経験が大きいですか
柳:
そうですね。澤田(立大)に抑えられて1回戦に負けた後に、監督やチームの間で「昨年はここから連勝して勝ち点を取って優勝したんだ」ということをみんなで言い合ってやってきたので、昨年の経験も生きているのかなと思います。

――4年生の存在はチームにとって大きかったですか
柳:
学生コーチの方がチームを一生懸命盛り上げてくれたり、データを毎日取ってくれたりして、すごくチームの力になったと思います。

――来年は3年生となり、上級生という立場でチームを引っ張ることになりますが
柳:
来年はずっと背中を見てきて頼りにしてきた(山崎)福也(投手・政経4=日大三)さんが抜けてしまいますが、自分も3年生になって後輩がどんどん増えてきますし、さらにチームや後輩から頼りにされる存在になりたいと思います。

――来年はエース背番号「11」が空きますが
柳:
そうですね、上原さんもいますが…。それでも11番はやはり格好いいですね。上原さんに負けないように頑張りたいと思います

――最後に、11月14日から始まる明治神宮大会の意気込みをお願いします
柳:
リーグ戦と違ってトーナメント戦で、1回も負けられないので、1回戦から全力でやりたいと思います。

――ありがとうございました。

◆柳裕也 やなぎゆうや 政経2 横浜高出 180p・80s 投手 右投右打

柳 今季・通算成績
試合勝利敗戦打者投球回安打四死球三振自責点防御率
今季
133
36 2/3
21
38
2.21
通算
22
258
67
45
18
77
20
2.69




8試合に登板し自責点わずかに1の齊藤
8試合に登板し自責点わずかに1の齊藤

 期待のルーキー左腕が神宮で躍動した。今季は救援として8試合に登板した齊藤大将投手(政経1=桐蔭学園)。ルーキーらしからぬ堂々とした投球で、チームの窮地を何度も救った。大きな経験値を積んだ齊藤に、今季を振り返りと神宮大会への意気込みを伺った。(この取材は11月1日に行ったものです)

――今季はどのようなシーズンでしたか
齊藤:
前回の春よりは、自分の結果としてもチームとしても良くなって、成長できたシーズンだったかなと思います。

――17回1/3を投げて25奪三振を記録されました
齊藤:
三振の数は全然気にしていません。意識して投げているものではなく、自分としては任されたイニングをただ抑えるというつもりで投げているので、その辺りの数字は気にしてないです。

――早大1回戦後の取材で「次につながる投球ができた」と話されていましたが
齊藤:
あの試合で初めて早稲田に投げました。それまでは自分の中で(早稲田は)力のあるイメージがあったのですが、同じ大学生がやっているので自分もしっかり投げれば抑えられると分かりました。気持ちの部分で負けなければ強い相手にも通じるのかなと思いました。

――ピンチの場面ではどういう気持ちで投げますか
齊藤:
ピンチの場面で登板するということは「抑えられるだろう」とベンチから思われていると思うので、そこは期待に応えたいというのと、期待に応えるだけではなくてチームとしても次の試合につながるように勝とうということを意識していました。

――負け越せば優勝がなくなる立大戦では3試合に登板されましたが
齊藤:
立大戦は緊張していて、今まで通りというわけにはいかなかったのですが、そういう場面でも投げさせてもらえるというのは、自分にとって良い経験になります。それ以上の場面で投げられる機会は少ないので、しっかり投げました。ピンチの場面でも、ただ目の前にある打者だったり回数だったりということだけを考えながら投げています。先は見てないです。

――立大3回戦では3回から登板し7イニング投げられました
齊藤:
あんなに先発が早く変わるとは思っていなかったのですが、任されたからにはいけるところまでいこうと考えていました。

――先発は意識されていますか
齊藤:
先発になれればいいですが、それよりも自分が任されたっていうところを抑えるというのがチームとしても大事だと思います。自分のことよりもチームのことを考えています。自分の結果が良くなっていけば、もっと投げるイニングが長くなることもあると思いますが、自分のことよりチームがどうなるかっていうのが大事だと思うので意識はしていないです。

――今季で流れを左右した試合は
齊藤:
立教戦を引き分けた試合です。自分たちの普段の練習量の成果がすごく出て、相手と体力の面で差が出たので、そこからはもう自分たちのペースかなというのは感じました。

――リーグ戦を通して投げてみて感じたことは
齊藤:
自分が投げた法政戦や立教戦のピンチの場面で止められなくて、力不足に感じたことがすごくあります。任された回は自分でしっかり終わってチェンジできるようにしたいとは思いました

――今季はチェンジアップが光っていましたが、自信のある球種は
齊藤:
自分としてスライダーの方がいいのですが、マークされているように感じたので相手の裏をかくっていうのも大切だと思い、今季はチェンジアップを多めに投げました。

――日頃はどの様に練習に取り組んできましたか
齊藤:
昨日の自分より少しでも強くなろうと考えながら練習していました。

――善波達也監督や坂本誠志郎選手(文3=履正社)とは練習中、どんなことを話されますか
齊藤:
監督からは常に同じフォームで投げることを言われます。(坂本)誠志郎さんは一回一回球を受けてもらった際に、その日の中で感じたことをしっかり教えてくれて、自分のどこが悪かったのかが分かるので、そういうところを直しています。監督も誠志郎さんも言っていることは正しいことだと思うので、そこはしっかり聞いて自分の成長のためにしっかり練習しています

――「気持ちの面で絶対に負けない」という言葉が印象的でした
齊藤:
弱気になったら打たれてしまう。余計なことを考えていると、投げている時にも無駄なことを考えてしまうと思うので「絶対に抑えられる」とだけ考えています。高校時代に当時の監督と投手コーチから教わりました。その気持ちは今も変えないでずっとやっています。

――これまでに気持ちで負けたことは
齊藤:
ほとんどないですが、高校3年の最後の試合です。体力の面でばてていたのもあり、そこで「疲れたな」と無駄なことを考えていて、その時は結局打たれてしまいました。この試合をきっかけに、そういう無駄なことは考えないようにしようと強く思いました。

――山崎選手がドラフト指名されましたが
齊藤:
目の前にいる先輩たちが大きい舞台に行くことは凄いことだと思うので、今学べることはしっかり学びたいです。自分も3年後につなげていけるようにとは思ったのですが、今は先のことよりは次のシーズンだったり次の大会だったりというのに目が行ってしまいます。

――今の取り組んでいる課題を教えてください
齊藤:
コントロールです。甘い球を捉えられてしまっているので、そこを修正するのが今の課題です。

――明治神宮大会への抱負をお願いします
齊藤:
自分がベンチに入れるかはまだ全然分からないので、そこに入れるように準備するというのと、入った時には今まで通り自分の与えられたイニングを一球でも1イニングで多く投げ、0に抑えチームに貢献するというのが自分の考えです。

――ありがとうございました。

◆齊藤大将 さいとうひろまさ 政経1 桐蔭学園高出 179p・77s 投手 左投左打

齊藤 今季・通算成績
試合勝利敗戦打者投球回安打四死球三振自責点防御率
今季
69
17 1/3
11
7
25
0.52
通算
11
80
19 2/3
14
27
0.92





[森大輔・萬屋直]

●東京六大学野球 2014〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: