検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

4年間スケート部に貢献してきた卒業生たち

スケート部(スピード部門)  スケート部3部門の4年生が笑顔で卒業

◆3・26 スケート部歓送迎会(リバティータワー23階)
 明治大学卒業式後、スケート部3部門の関係者がリバティータワーの最上階に集い卒業生の門出を祝い、新入生を迎える歓送迎会が開かれた。和気あいあいとした雰囲気の中、卒業生が4年間を振り返るとともに新入生が元気に自己紹介をした。部員に見送られながら4年生は笑顔で卒業を迎えた。

 会の終盤、卒業生があいさつした。スピード部門はインカレで8位と思うような結果を残すことができなかった。「自分たちのふがいなさで総合優勝を逃してしまい申し訳ない気持ちでいっぱい」と田中穣(平27政経卒)は悔しさをかみしめたが「来年度の主将、主務、副将の3人がしっかりインカレ総合優勝へ向けてチームを引っ張ってくれると思う」と新主将の荻野達哉(政経3=白樺学園)を中心とした新しいチームつくりに期待した。

 今年はスケート部90周年を迎える。「法大に奪われた優勝杯を取り返そう」と小野島部長は部員を激励した。0.5点差で法大に敗れた屈辱を忘れず、節目の年に王者奪還へ突き進む。

[常光純弘]

1年間部をまとめた卒業生たち
1年間部をまとめた卒業生たち

スピード部門卒業生コメント
田中

「この自分自身の4年間の成績はあまり良いとは言えないですが、仲間に支えられ総合優勝できたこともあれば今年のインカレでは他の部門の人たちが頑張ってくれたのに自分たちのふがいなさで総合優勝を逃してしまい申し訳ない気持ちでいっぱい。だが、来年の主将、主務、副将の3人がしっかりインカレ総合優勝へ向けてチームを引っ張ってくれると思うのでこれからもスケート部とスピードスケート部門の応援をよろしくお願いします」

奥村雄樹(平27政経卒)
「4年間の思い出は個人的な成績では満足いく結果を残せなかったが、チームのみんなと一緒に楽しくできたと思う。来年からは残っているみんなに頑張ってもらってスピード部門の総合成績を上げてもらって今年できなかった総合優勝を達成してもらいたい」

北澤慶記(平27政経卒)
「この4年間は本当にいろいろな問題を起こしてしまって1年間で2人辞めてしまいましたが、そこから田中主将を中心にチームを立て直してインカレまでやっていくことができた。4年間は楽しい思い出もたくさんできたので良かったと思う。後輩のみなさんには来年3部門で総合優勝してもらいたいので応援しています」

竹田勇祐(平27商卒)
「僕は常に何かを持っていると言われていますが、今日何を持っているか分かりました。それは仲間です。やはり仲間というのは大事な存在なのでこれからも大事にしていきたい」

新たにスピード部門に入部する新入生たち
新たにスピード部門に入部する新入生たち

スピード部門ルーキーコメント
久保廉(政経1=帯広三条)

「伝統のある大学で自分もここで結果を残したいと思い明大を選んだ。しっかり練習して今年は全日本ジュニアで優勝して日本代表に選ばれたい」

小林耕大(政経1=佐久長聖)
「兄が明治大学のスケート部で、兄の大学でのスケートを見ていて格好良いなと思ったのと、強いスケート部でスケートをやりたかったからです。(明大に来てみて)先輩たちもサポートしてくれて、とても充実している。(明大での目標は)高校のときに取れなかった全国優勝ができるように頑張っていきたい。1年生の内は仕事も多くて我慢の年だと思いますが、その中でもしっかり結果を残せれば良いと思う」

高村憲孟(政経1=富士北稜)
「先輩に憧れて来たっていうのと、オリンピック選手も排出されている名門校で、自分もその一人になりたいと思い入学を決めました。まだ来たばかりで分からないことの方が多いのですが、高校のときより練習できる施設だったり、環境が良いので、これまで以上に強くなることができると思いますし、練習して明治大学のインカレ総合優勝に貢献できるような選手になりたいです。今年は選抜権を取りたいです」

村山翔威(政経1=八戸西)
「明大を選んだ理由は父が明大のスケート部出身で父から明治のスケート部の歴史や伝統を聞いて小さい時から憧れていた。大学で続けるか思っているときに声をかけてもらって頑張ろうと思ったから。今年はまずインカレのメンバーに選ばれるのが最低条件だと思うのでインカレに選ばれて全国タイムランキングで50位以内に入れることを目標にしたい」
[  ]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: