検索
 HOME > 硬式野球部

善波監督の日本一への思いは選手同様に強い


東京六大学野球 2015〜春〜  (1)開幕前監督インタビュー 善波達也監督  

 頂点へ上りつめる。今年は下級生の時からチームに欠かせない存在となっていた4年生が軸。実力者が多くそろい大学球界屈指の戦力を誇る。チームが狙うのは「日本一」のみ。6月の全日本大学選手権を懸け、好敵手と争いを繰り広げる。まずは昨季に続くリーグ戦優勝を必ずつかみ取る。
 監督就任8年目を迎えた善波達也監督。毎シーズン安定して強いチームを作り上げており、ここ4季で3度のリーグ優勝を果たしている。そんな指揮官に今年のチーム、そして日本一への思いを語っていただいた(この取材は3月22日に行ったものです)。

――オフシーズンはどんな練習に取り組んできましたか
 昨年で二遊間が抜けていて、レギュラーがいないです。二遊間づくりと、もう一つ捕手の坂本(誠志郎主将・文4=履正社)の控えのところ。そこもチームとしては埋めなくてはいけないところなので、どうにかという思いでやってきました。そこが最重点事項でした。

――徹底してきたことはありますか
 選手には自立しろということを何度も言ってきました。去年まで松岡さん(功祐氏・昭40農卒)というコーチがいて、今年はプロの指導者に行きました。昨年まで松岡さんに細かく言われながら彼らが動いていた部分があったので、それではいけないだろうということで、自立して言われなくても自分で気が付いて行動するようにと言ってきました。

――改めて昨年の成果と課題はありますか
 昨年は左投手を攻めきれなかった部分がありました。それをクリアできないとリーグ戦も勝っていけないなという感覚です。対策はやっています。マシンは左にセットしたり、オープン戦で相手投手が左であっても、積極的に左打者を使うようにしている。相手が左だから右を使うのではなくて、左打者が左に対してどうこなしていくかをやっています。

――坂本選手が主将になりましたね
 選手から一番人望があるから選びました。特にかけた言葉はないです。結構任せてやっている中で、色々気遣いしながら、学生コーチとよく相談しながらやっている感じかな。いいリーダーシップが取れていると思います。
捕手としても周りが見えることが一番良いところです。投手だったり相手だったりを見ています。いい素直さと、いい頑固さがあるような感じです。

――投手陣の状態はどうですか
 水野(匡貴投手・農2=静岡)、星(知弥投手・政経3=宇都宮工)は技術的に明らかにレベルアップしています。一定の力をリーグ戦で出してくれると思います。水野は技術が上がって制球と球威が増しました。星は変化球で腕を振れるようになりました。上原(健太投手・商4=広陵)、柳(裕也投手・政経3=横浜)は2人で1、2戦目を任せたいというイメージです。

――野手の状態はどうですか
 軸と言ったら菅野(剛士外野手・法4=東海大相模)かな。今年は大丈夫。ぜひ4番を打ち続けて、責任を果たしてもらいたいです。大きな当たりを打ちたいみたいな欲を抑えることができるようになってきています。逆方向に打つことの役割、そういう考え方もできるようになってきて、技術的にも体の中に入ってきています。基本は菅野に4番の責任を1シーズン全うしてもらいたいです。
 二遊間はちゃんと決まってないです。できれば上級生に頑張ってもらいたいけれど。4年生を頑張らせたい気持ちは強く持っています。

――選手の能力的には高い世代ですか
 これまでの経験を考えるとそうなってほしいです。経験という部分では一番は坂本になるのかな。坂本が1年の秋からマスクをかぶり続けているので、その経験は試合を進める上で大きなものになります。

――4年生はこれまで日本一になっていないですが、なってほしいという思いはありますか
 4年生はというか、それを毎年目標にしているので、ぜひ日本一にはなりたいです。

――今季の目標は何ですか
 各チームから勝ち点を挙げて優勝するということと、日本一になること。春にぜひなりたいです。

――ファンに向けて一言お願いします
 選手はやるべきことを日々重ねているので、それを神宮で精いっぱい発揮すると思います。ぜひ応援の力に支えてもらいながら、その活躍を楽しみにしていてください。

――ありがとうございました。


[森光史]

●東京六大学野球 2015〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: