検索
 HOME > 硬式野球部

俊足も武器。攻めの走塁を見せていく


東京六大学野球 2015〜春〜  (5)開幕前選手インタビュー 小倉貴大外野手、大塚健太朗内野手、佐野恵太内野手  

 頂点へ上りつめる。今年は下級生の時からチームに欠かせない存在となっていた4年生が軸。実力者が多くそろい大学球界屈指の戦力を誇る。チームが狙うのは「日本一」のみ。6月の全日本大学選手権を懸け、好敵手と争いを繰り広げる。まずは昨季に続くリーグ戦優勝を必ずつかみ取る。

 攻撃の起点となる。小倉貴大外野手(文4=関西)は昨季2番打者として初めてシーズンを通した活躍を見せた。しつこい打撃で出塁し、塁をかき回した。今季求められるのも上位打線での出塁の役割。白熱する外野手定位置争いを繰り広げている小倉にお話を伺った。(この取材は3月22日に行ったものです)

――現在のチーム状況はいかがですか
試合を重ねるにつれて実戦感覚が戻ってきて、悪いミスが基本的に序盤の試合にでてくれたので、そのあと修正できました。何とか勝とうという意識、チャンスをつくろうというのが見られています。
 試合では先制はできていますが、中押しダメ押しができていないです。リーグ戦ではワンチャンスで追い付かれるので、そういったところをできるようにしたいです。

――ご自身の調子はいかがですか
最初は良くなかったです。試合を重ねるごとに感覚は良くなっています。リーグ戦にピークを持ってこれるようにしたいです。

――冬の間はどういったことに取り組みましたか
バッティングに力を入れました。強い打球を打つためにウエイトトレーニングをしたり、振る数も一日1000本と決めてやりました。秋の経験がある分、精神的には楽です。体力的にも走り込んだりして、体力づくりをしました。

――善波監督から何かアドバイスはありましたか
バッティングとスローイングです。秋はバスターでしたが、今年は普通に打ってみろと。右肩がタイミング取るときに入る癖があるので、なるべく真っすぐできるようにと言われました。スローイングは足を始動で投げろと言われました。

――外野手は争いが激しいですが
頑張るだけです。自分がチームで何が貢献できるのかを考えてやります。

――新チームの雰囲気はどうですか
 楽しい雰囲気です。締めるところは締めて、なあなあな雰囲気になったらキャプテンがここは締めようと言っています。切り替えができています。

――警戒している相手はいますか
昨年勝ち点を取れていないだけに慶大です。

――今季の目標は何ですか
チームはリーグ優勝、日本一が目標です。自分は全投手から打ちます。自分の野球をします。打率3割を昨季は逃したので今季はそれを超えて、ベストナインを取りたいです。

――ありがとうございました。

◆小倉貴大 おぐらたかひろ 文4 関西高出 170cm・64kg  外野手 右投左打

小倉 昨季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨季
14
29
.276
通算
21
33
.273





スタメン定着を目指す
スタメン定着を目指す



 最終学年でのスタメン定着を目指す。軽快な守備が売りの大塚健太朗内野手(商4=花咲徳栄)。昨年から二遊間が抜け、レギュラー争いが激しい中、オープン戦では主に二塁手として出場。スタメン定着へ視界は良好だ。そんな大塚にリーグ戦への抱負を伺った。(この取材は3月22日に行ったものです)

――昨季を振り返っていかがですか
去年はリーグ戦出れたり出られなかったりで結果が出なかったのでダメでした。メンタル的にダメでした。監督、コーチから何か言われるとすぐに落ち込んでしまっていました。そこから全然試合に出られなくなってしまいました。

――技術的に見つかった課題はありますか
バッティングに広角に打球が飛ばないことです。なので、内と外に投げ分けてもらって打ち分ける練習をずっとしてきました。

――オープン戦では1番を打つことが多いです。意識することはありますか どんな形でも塁に出て、足も遅くない方ですがどんどんかき回していきたいです。

――ご自身をどんなタイプの選手だと感じていますか
単打だけでなく、たまに長打が出るタイプでいたいです。

――ここだけは負けないところはありますか
守備です。基本的にノックではエラーしないことを意識しています。

――スタメン定着について意識することはありますか 
スタメンで出れるなら、消極的なプレーはしないことを意識しています。守備でもバッティングでも積極的にいきたいです。

――目標をお願いします
できればベストナインです。あとは3割は打ちたいです。でも、今の状態じゃ厳しいです。調子のいいときはどんな球でも反応できるんですけど、オープン戦とかで全然手が出ない時があるので、そこを克服すればいい感じになると思います。

――ありがとうございました

◆大塚健太朗 おおつかけんたろう 商4 花咲徳栄高出身 168cm・70kg 内野手 右投左打


大塚 昨季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨季
.167
通算
34
65
16
.246





チーム随一の長打力を誇る
チーム随一の長打力を誇る


 今季注目のスラッガーだ。佐野恵太内野手(商3=広陵)は昨季頭角を現した左の長距離砲。リーグ戦立大4回戦と、明治神宮大会2回戦・徳山大戦で右翼席に特大の本塁打を放ち、実力の片りんを見せた。今季は一塁手のスタメンとしてプレーすることが濃厚だ。自慢のパワフルな打撃で、チームを勝利に導く。(この取材は3月22日に行ったものです)

――現在の調子はいかがですか
調子自体は悪くはないですね。試合が続くので一日結果が良かった悪かった出自分を変えないように。守っていて一喜一憂しないようにというのは考えながらプレーしています。

――上級生になって立場の変化はありますか
下が増えてくるので、いい選手も入ってきますし、刺激は受けます。今までは上についていく感じでしたけど、チームの中心になってという考え方に変わってきました。自分の役割としては、まだ最上級生ではないので、まとまりすぎずに思ったことを思い切ってやる。それが間違っている方向にいっていたら注意してくれる人もいるので。そういう学年かなと考えています。

――新チームはどのようなチームでしょうか
それぞれ個性があって、その中でもまとまっている、という感じですね。

――この冬はどんなことに取り組んできましたか
冬は力をつけようということで振る量を増やしました。野球以外だったら、私生活で掃除とかみんなで取り組みましたね。4学年全員で4年生が中心になってやりました。スイングは一日ノルマ1000スイング。今も続けてやっています。個人的には遠くに飛ばせるのが自分の持ち味なので、飛ぶ方向が逆方向にもセンターにも飛ばせるように取り組んできました。その確率を上げられるように練習した感じです。

――具体的にはどのようなことをやりましたか
チームの練習の中でロングティーが結構あって、それを大事にしました。自主練習でもロングティーに結構取り組みました。

――打球を飛ばす秘訣は何でしょうか
一番はスイングスピードだと思っています。それと自分の打ち方ができるかどうかというのも大事だと思います。打席の中で自分の形が崩されないようにしっかり強く振るようにしています。

――高校通算では何本ホームランを打ったのですか
9本ですね。大学に入ってから身体も大きくなって、体重も8キロくらい増えました。自分の中でも飛距離が伸びたなと感じます。特に2年生になる手前の冬くらいに手応えがありましたね。

――改めて昨年1年間はどんな年でしたか
初めて、春にベンチ入りをさせてもらって、外から見てるのと全然違う雰囲気だなということは感じました。秋も優勝が懸かっている場面で試合に出させてもらって、緊張感というか雰囲気だとか、いい経験させてもらったなと思いますね。

――印象に残っている試合などはありますか
自分の結果が出た最後の立大戦ですね。それと神宮大会の3試合も印象に残っています。

――今年は一塁手一本に絞っていくのでしょうか
まだ分らないですけど、今季はファーストに絞ってやっていく感じだと思います。できたらキャッチャーに挑戦したいですけど、一番難しいというのは見ていても、やってても分るし、機会があればという感じですね。

――試合においてはどんな役割を求められていると考えていますか
求められていることは、自分はしっかり振って、ランナーを帰すこと。自分は長打が打てるので、それも役割かなと思っています。

――今季の目標を教えてください
大きい目標としてはベストナインです。具体的な数字で言うと、一番は3割打つこと。その中で長打を打てるようにしていければいいなと思っています。あとは、ずっと試合に出続けて中心選手でありたいというのが、今年1年の目標です。

――ありがとうございました

◆佐野恵太 さのけいた 商3 広陵高出 177cm・77kg 内野手 右投左打


佐野 昨季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨季
10
17
.176
通算
16
31
.161




[森光史・西村典大・尾藤泰平]


●東京六大学野球 2015〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: