検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  中村、田中健が関東学生代表として出場/ニュージーランド学生代表来日シリーズ

◆5・5 ニュージーランド学生代表来日シリーズ(秩父宮ラグビー場)
▼関東学生代表35{21―17、14―33}50ニュージーランド学生代表
 関東学生代表とニュージーランド学生代表が対戦した。明治からはHO中村駿太主将(商4=桐陰学園)が先発出場。No.8田中健太(営4=大阪桐蔭)も後半14分から途中出場し、ラストプレーでトライを奪った。試合は関東学生代表が前半リードするも、後半に力の差を見せられ逆転負けを喫した。
ユニフォーム交換後の二人"<"align=right
ユニフォーム交換後の二人

 前半12分、敵陣ゴール5m前スクラムから関東学生代表が押し込む。ニュージーランド学生代表はたまらずコラプシングを起こし、認定トライとなった。「スクラムに関して意識統一はできていたし、両PRは昔から組んできた仲」と中村。フィジカルで劣っていた相手だが、スクラムで見せ場をつくった。
代表の中でも存在感を見せた中村"<"align=right
代表の中でも存在感を見せた中村

 一方の田中健も途中出場ながら奮闘した。大差を付けられた中で迎えたラストプレー。敵陣ゴール5m前でペナルティーを得ると、田中健がクイックスタートし自らインゴールに飛び込んだ。田中健は「一矢報えたというのはうれしい」と喜んだ。
終了間際にトライを決めた田中健"<"align=right
終了間際にトライを決めた田中健

 ニュージーランド学生代表のフィジカルの強さに「日本人だとなかなかあそこまでのコンタクトはない」(中村)、「日本の大学とは全然違う」(田中健)と二人は口をそろえた。代表で得た大きな経験を明治に持ち帰る。

試合後のコメント
HO中村駿太(商4=桐蔭学園)

「明治の代表として、関東の大学の代表として、しっかりいいパフォーマンスをしようと思っていた。ニュージーランド学生代表は強かった。日本人だとなかなかあそこまでのコンタクトはない。いい経験になった。練習はあまりしていなかったが、スクラムに関して意識は統一できていたし、両PRは昔から組んできた仲。お互いのことはよく分かってる。前半はいい形で組めていたが、後半相手が修正してきてあまり自分たちの形で組めなかった」

No.8田中健太(営4=大阪桐蔭)
「序盤はイケイケムードで点を取れたが、相手のフィジカルの強さやタックルミスでゲインされた。相手のフィジカルの強さに翻弄されたが、低くタックルに入ることやディフェンスのコネクションを切らすことなく、全員で前に出ることを意識した。フィジカルは重いなと感じた。日本の大学とは全然違う。試合までは2、3回練習をして、サインやセットプレーを合わせた。ひたむきさというか、まとまりを作ろうという協調性の部分が勉強になった。普段見られないプレーヤーの練習姿を見て、僕らができていないことにも気付けていい経験になった。最後のトライはみんなでスクラムでペナルティーを取って僕がクイックスタートでトライしたが、一矢報えたというのはうれしい。最後にみんなでトライを取ることができたと思う。この試合で学んだことは相手のリアクションであったりプレーの細かい部分。あとはディフェンスでダブルタックルに入ることがどれだけ重要かということが理解できた。そこはチームに持ち帰りたい。ダブルタックルをすると止められるしオフロードができなくなる。相手のボールを殺すことが大事ということが分かった」

[坂本寛人]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: