検索
 HOME > 山岳部

山岳部  新入部員を加え山岳部始動 5年ぶりに全行程完遂/新人合宿

◆4・30〜5・4 新人合宿(富山県・北アルプス)
[参加者]長坂・松本・松木・太田・宮武・小野・小清水・高山・染矢・望月
 5年ぶりの全計画遂行となった。新入生の雪上動作指導を目的とした新人合宿が5日間にわたり行われた。ルーキー4人を加えた本隊は体力的な余力を残し、事前に設定したルートを完歩。新入生が例年以上のスタミナを持ち合わせていたことはもちろん、天候の良さも重なり合宿の成功へと至った。本年度最初の登山を理想的とも言える形で終えた。

残雪期の雪山攻略
 
隊が一丸となり頂上を目指した"<"align=right
隊が一丸となり頂上を目指した
充実の合宿となった。冬山登頂を目標に掲げる部において、新人合宿は残雪期の雪山に臨むいわば「慣らし」の場。1年生に雪上でのザイルワーク、キックステップの踏み方など基本動作を教える貴重な機会だ。その今合宿において、実に5年ぶりに全計画を完遂することができた。その大きな要因となったのが「1年生の技術の飲み込みが早く、スムーズにやってくれたこと」と松木啓祐(商4=明大中野八王子)。今年の新入部員は4人と人数が多いことに加え、全員が登山そのものを楽しんでいた。山頂アタック前日には「明日が楽しみだね」と声を掛け合いお互いを鼓舞。肉体的な疲労がピークに達する中、高いモチベーションを持って今合宿を過ごしていた。「とにかく今年の1年生は体力がある」(長坂公貴・政経4=韮崎)と言わしめるスタミナだけでなく、強い精神力も持ち合わせていることが今合宿の成功につながった。部員が6人しかいなかった部にとって、期待の4人が加入したことは大きな収穫だ。
 
白馬鑓ヶ岳を攻略した"<"align=right
白馬鑓ヶ岳を攻略した
全計画をこなした上で、さらなる高みを目指す。今年は4人の最上級生が部をけん引。そのため4年生頼みの隊になってしまうことが懸念される。松本拓也主将(農4=都立青山)は「全員が色々考えていかないと、何が起こるか分からない山中では厳しい」と気を引き締め直す。太田奈津季(農4=水戸三)も「課題が見つかったということをプラスに捉えられるようになると、部全体のモチベーションアップにつながる」と分析。下級生は自分の活動できる幅をさらに広げること、上級生は隊全体を見渡すリーダーシップ、そして統率力が重要になってくる。新人合宿の成功に満足することなく、本番の冬に向けてさらなるレベルアップを目指す。

期待の新人が加入 
 新入生たちはそれぞれが明確な目標を持って新人合宿に臨んだ。その中でも、スポーツ推薦で入ってきた小清水健人(農1=韮崎)は登山経験もあり、高校時代にインタ―ハイ6位入賞と期待の新人だ。今回の新人合宿では、荷物の量や、あまり経験がないロープを使用しての登山に戸惑う部分もあったが、割り当てられた作業を素早くこなし、1年生の中では、ひときわ山に対する強さを見せていた。明大山岳部への入部の決め手となったのは、高校時代の部活の先輩である長坂公貴(政経4=韮崎)が所属しているということだ。長坂から明大の山岳部の活動を聞いて、大学でも山岳を続けていく決意を固めた。
 新入部員のうち3名は雪山登山の初心者で、今回の新人合宿で雪山を登攀(とうはん)する厳しさを経験した。自らの成長の場を求めて山岳部へ入部した染矢智成(文1=小田原)は、今回の新人合宿を終えて「(これから)山岳部を背負っていくと思うので、やれるだけしっかりやっていきたい」と頼もしい言葉と将来への強い意志を見せた。バックカントリー経験者の望月颯人(商1=穂高商業)は、合宿中に軽度の脱水症状が5日間ほど続き、体力的・精神的な苦痛を味わった。しかし「目の前のことをしっかりやっていきたい」と1年間の目標を掲げ、苦難を乗り越えていく覚悟を固めた。
 1年生の仕事である食事当番。初めての飲み水作りでは、大量の雪を運び鍋で溶かすという重要な作業を迅速に行うことができず、次回への課題として露呈した。そして仕事がすべて終わるころには午前0時を回っており、翌日の3時には起床と慣れない雪山生活と過密スケジュールにより体は想像以上に疲弊した。しかし、今年の1年生の特徴である元気で新人合宿を乗り越えることができた。山を下った後、「自分が鍛えられそうだなと思った」(染矢)「やっと水が飲める」(望月)と合宿を終えた達成感や安心感を噛みしめた。「多くの経験を積むことができた」(小清水)と幸先の良いスタートを切ることができた。厳しい合宿を経験し、それでも前を向くルーキーたちの4年間から目が離せない。

 「今年の目標は決算合宿の登頂」と4年生は口をそろえる。本格的な雪山登山を行う冬山決算合宿に向けて、今回の新人合宿はその期待をより高める内容だった。目指すは標高2880ⅿ、鹿島槍ヶ岳。4年ぶりの頂上制覇へ、部の挑戦はまだ始まったばかりだ。

[小田切健太郎・長谷川千華]
小清水健人(農1=韮崎)
小清水健人(農1=韮崎)
染矢智成(文1=小田原)
染谷智成(文1=小田原)
望月颯人(商1=穂高商業)
望月颯人(商1=穂高商業)




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: