検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (20)10月31日 下級生中心の練習風景  

  
 10月31日、八幡山には曇り空が広がっていた。主力メンバー30人は30〜31日にトップリーグ・三洋電機に出稽古に行っていたため、普段より参加人数が少なく下級生中心での練習となった。

 練習は、タックル練習や筋力トレーニングなどを集中して行った。筋力トレーニングのメニューは「選手の片足を持って腕の力だけで進む」、「ダンベルを抱え込んで中腰になって進む」などである。「下級生は、今の時点で来年を見据えて体幹を強くすることを目標としている」(成國ストレンスグコーチ)。練習中の選手たちの表情には常に笑顔が見られ、とても良い雰囲気での練習となった。「ただつらい練習じゃだめだ。きつい練習をいかに盛り上げていくか」(成國ストレングスコーチ)。

 練習が終わった後も選手たちはめいめい居残り練習を行い、それぞれの課題に熱心に取り組んでいた。

☆ラグビー部豆知識☆
31日の練習中、ラグビー部員が使っていたダンベルの重さは32キロ〜50キロ。個人によって違う。

[不動地由香]

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: