検索
 HOME > サッカー部


サッカーNavi  (50)ルーキー紹介2015Vol.7  

 
 全国トップクラスの実力を誇る明大サッカー部に高いポテンシャルを持つ多くの選手が今年も入学しました。9月5日から開幕する後期リーグ戦で、活躍し得る新世代にいくつかの質問に答えてもらいました。ぜひご覧ください。

最終回はマネジャー2人の紹介です。

1、マネジャーをやろうと思ったきっかけ
2、高校時代の部活は
3、マネジャーをしていて苦労したこと
4、マネジャーをしていてうれしかったこと
5、目標



江戸梨沙子(政経1=新潟明訓)
1、高校の時から、サッカー部のマネジャーをしていて、その時に日本一になりたいと思っていた。そしてまた大学でも日本一を目指してマネジャーができたらいいなって思って入った
2、サッカー部のマネジャー
3、日焼けをすること。部活内だったら、計画を立てて行動することが元から苦手で、それをしっかりやらなきゃいけないことが大変だった
4、試合に勝つこと。特にアミノバイタルカップで優勝したこと
5、もっと皆さんのことを考えて動けるマネジャーになりたい






吉光寺美和子(商1=明大明治)
1、 人の役に立つことと、サッカーが好きなことが合わさってマネジャーをやろうと思ったのが中学の時。高校でもやっていたけれど、もっと高いところでやりたいという思いが強くなって大学でも続けた
2、サッカー部のマネジャー
3、授業がある期間は朝練から、そこがやっぱり少し慣れるまで大変。まだ慣れない
4、ボトルとかを渡したりしたときに『ありがとう』と言われるのが、ささいだがうれしい
5、日本一の大学サッカーのマネジャーになりたい。頑張ってもらってそれをサポートしたい





(左から)吉光寺、江戸
(左から)吉光寺、江戸

 今回は選手たちの関係性を知るために「前期3人の間で印象的だったこと」というのを聞いてきました。
「アミノバイタルカップ優勝と大臣杯の決勝」

 前期リーグ戦を苦しい形で終えた中でのアミノバイタルカップ優勝は明大にとって自信を取り戻す大変大きな出来事でした。総理大臣杯決勝は2年越しの想いをぶつけるも敗戦と、両者全く異なりますが、共に強烈な印象を与えました。

本日9月5日から後期リーグ戦の開幕です。前期、明大は6位に終わりましたが、成長したルーキーたちを含めたチーム全員の力での逆転優勝に期待です!

[渡邊弘基]

●サッカーNaviのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: