検索
 HOME > ラグビー部


責任とリバイブ  (14)田村熙 「帝京大を止めるのは明治だと思っている」  

 誰よりも明治を客観視する男が、帝京大撃破のキーマンとなる。第14回はFB田村熙(営4=国学院栃木)。下級生の頃から非凡なプレーで活躍してきたが、最終学年となった今年、抜群の落ち着きでチームを支える。今回は天王山となる帝京大戦に向けた田村の意気込み、田村から見たチームを語ってもらった。(この取材は11月12日に行ったものです)

厳しいマークが予想される
厳しいマークが予想される


――帝京大戦が3日後に控えました
 正直言って、相当みんな意識しています。ここ6年間、どの大学も目標としているのは帝京大学なので、そこに今唯一チャレンジできるのは明治だけ。周りの目もありますけど、それ以上に自分たちも練習にこだわって春からやってきている。この1週間が一番大事なのは部員全員分かっています。その中でみんないい意味で繊細というか、神経質になっている部分もあると思うんですけど、いつもより頭で考えてしまっている分、悪い意味で言ったら固まっている。上手くいかない方が多い中で、みんなが上手くやろうとしているところがある。昨日の練習であれば入りが悪かったり反応が悪いところがあった。ミーティングをしているので何とでもなると思うんですけど、みんないい意味でも悪い意味でも緊張しています。

――田村さんも緊張されていますか
 SOだと体を当てる回数が多いと思うんですけど、FBは後ろから見れる余裕があるので緊張はあまりしていない。チームが今どういう状況なのか、何が悪いのかを伝えるようにしています。

――ここまで5連勝できました
 1試合目より2試合目の方が良くなっているのは確かです。得点だけ見たらディフェンスが見られがちですが、それはあとから付いてくるもので、結局その根本にあるのはフィジカルで負けないというところ。それがディフェンスにもアタックにも通用しているから結果が出ている。今までの相手と大きく変わってくるのは、今回の帝京大学はフィジカルが強いということ。僕は上手くいかないことの方が多いと思っているんですけど、チームで映像を見ながらいいイメージをして、もしものためのオプションも全てやっています。5戦全勝したから帝京戦がどうのこうのというわけではなくて、昨年もここまできているので、この一戦でいい方向にいくのも崩れるのも自分たち次第だと思います。

――5月の春季大会の対戦、10月のBチームのジュニア戦を振り返って、帝京大のフィジカル面についてどう分析されていますか
 春は積み上げている段階というのもあったんですけど、前半はいい内容で終われた。最後は差が開いたんですけど、後半最初の近藤の1プレーで切れてしまってすぐスコアされてしまった。そういう勝負の綾の部分、時間帯、仕掛けるところで相手の方が一枚上手だったことを考えた中で見てみると、そこはフィジカルで負けたことが全てだった。我慢できてないことが多かった。ジュニアではフィジカルで負けることがあったにせよ、それ以上にうちがアタックしたら相手が嫌がっていて、FWも我慢していた。そこは成長していたと思うんですけど、それがスコアにつながらなかったというのは、まだ細かく足りないところがある。帝京もAとBの差がすごくあってAは仕上げてくると思うので、ジュニアがどうだったからとかは関係ないですし、プラスで見たら春の30点差は明治にとって関係ないと思っています。本当に日曜日の試合はどうなるか楽しみです。

――どういう試合展開を予想されていますか
 間違いなく勝つときは必ず接戦なので、必ず敵陣に入ったらスコアをする。前半折り返して、勝ちで終わるというのがすごく大事。先に先に動くというのが大事かなと思います。
一本のプレースキックが接戦時のカギとなる
一本のプレースキックが接戦時のカギとなる


――先ほどの個人練習では10mラインの外からもプレースキックを蹴られていました
 チームの状況、FWの優劣、上手くいってるいっていない、ゲームの展開もあるので何とも言えないんですけど、どこが来ても言いように準備をしています。

――今年の帝京大に対してはどういう印象を持っていますか
 強いのは分かっていますし、6連覇しているチーム。勝ちにいくので付け入るスキはいっぱいあると思うんですけど、逆に言ったらそれ以上のものを持っているから負けないわけで、帝京はうちよりも失点しているが、それ以上に得点力があるのは確か。今年というか、6年間の印象、7年目にしてやってることは変わっていないと思う。多少選手の違いがあるにせよ、フィジカルで絶対負けないという根本は変わっていないので、それにどれだけ立ち向かえるか。スキルを使っていったり、そのために練習している。伝統校が80点、90点取られているというのは、日本のラグビーを見た中でどう考えても良くない流れなので、それを止めるのが明治だと思っています。

――付け入るスキはどういうところになるのでしょうか
 どの大学を見ていてもそうですけど、早稲田も自陣から攻めて敵陣の22mまで継続しているときもありました。帝京はフィジカルに自信があるので我慢すればボールを取れると思っている分、やっぱり相手の攻撃をさせるというか、泳がせるというか、アタックはさせてくれると思うので、1対1の部分で負ける負けないでボールを継続できるかが大きく変わってくる。うちがいかに相手より寄りを早くして、攻撃をし続けてボールを持つ時間を長くする、手放した時は獲得し直せるか。ボールポゼッションがすごく大事かなと思います。相手の方がボールを持っている時間が長かったり、相手のディフェンスの勢いにアタックが負け出すと、相手が優先になってしまう。それでどこの大学も80点、90点取られている。そこにはどこかに帝京だからという頭のイメージがあって、それはマインドのところから駄目だと見ていて思う。例えば、前半に30点取られてうちが6点しか取れない展開になるかもしれないじゃないですか。それでも学生相手は分からないので。一つのプレーで変わるので、あきらめないということが大事だと思います。

――雨の試合になることも予想されます
 昨年の夏合宿の帝京戦は雨で、そのときは接戦だったんですけど、雨の日のラグビーで一番出るのはキックとFW戦のところ。本当の力でラグビーができないと思われがちですけど、うちと帝京が目指しているのはフィジカルのところなので、それは雨の日が一番露骨に出ると思います。滑るとかタックルがすり抜けるとか、アンラッキーなところは相手も同じだと思うので、自分たちでコントロールできないところはしっかり受け止めて、そのための準備が大事だと思います。

――ディフェンス力が光る明治と圧倒的な攻撃力を誇る帝京大が戦うという構図になります
 帝京のアタックに監督も言われている強みのディフェンスを当てていくのは当たり前のことだと思うんですけど、自分のイメージとしてはアタックが好きなチーム、トライを取りに行くチームです。ディフェンスはお互い最低限体を張るのは当たり前なので、あまりディフェンスを意識しすぎずに。青学大戦を見ていると、自分は正直言ってそろそろトライを取られるかなと思っていた。やっぱり意識しすぎると、青学大に取られたときに案外チームが上手くいかなかった。FWも沈んだりするとあまりいい傾向ではない。自分のスタンスとしては、取られないのがベストですけど、取られても大丈夫、次の展開に持っていける心構え、動揺しないようにする。正直帝京にノートライなんてほぼ不可能に近いので、そのシーンにいかせないためにどうすればいいかを考えて、試合の中でマインドをチェンジできるように。意識はするんですけど、意識をし過ぎないように、チーム全体で統一したいと思います。

――最後に意気込みをお聞かせください
 大学ラグビーの対抗戦として最後の帝京との試合ですし、ここ6年間勝っていないチームが多い。明治として見ても、佐野とかだったりラグビーができなくなった選手だとか、ケガで今季はできない選手だとか、卒業した先輩もそうですけど、いろんな人の思いがある。出れる人、出られない人、コーチ陣、スタッフ陣のいろいろな思いがある。自分は2年生の帝京戦に出られなくて、悔しい思いをしている次元が出る出ないのところにあったのでまだ幸せだったと思う。でも一回も紫紺を着れない選手もいる。毎年4年生はそう言うと思うんですけど、自分もこの年になってすごく感じている。その思いを受け止めて、勝てたらいいではなくて、勝たないと駄目、勝ちにいくラグビーをしたい。出られない人がシーズンの最後までAチームに入れなくても、入るつもりでやろうと思える紫紺を着た選手の戦いぶりにならないといけない。みんなその覚悟はあると思うので、あとは準備してやるだけかなと思います。

――ありがとうございました

◆田村熙(たむら・ひかる) 176cm・89kg 国学院栃木高出
大学入学後はSOを務めることが多かったが、今年は堀米航平(商2=流経大柏)の台頭でFBからチームをけん引する。


[坂本寛人]

●責任とリバイブのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: