検索
 HOME > ラグビー部


責任とリバイブ  (15)【瓦版】3年振りの対抗戦制覇へ いざ、帝京討ちだ!!  

 王座奪還へ――。関東大学対抗戦もいよいよクライマックスを迎える。対抗戦5戦全勝を挙げている明治。明日15日、帝京大との優勝決定戦に臨む。

リベンジ
 王者の背中は見えた。内容にこだわったハイレベルなラグビーで全勝を収め、これまでの合計失トライは2。ついに、王者・帝京大との大一番を迎えた。
 昨年の大敗から1年間、並々ならぬ努力を重ねた。中でも、FWによるセットプレーの向上は見ものだ。5月の春季大会では、大敗ながらもセットプレーでは互角以上の戦いを見せた。今回も、FWがスクラムやモールなどの密集戦をものにできるかが命運を左右する。

プライド
 決戦の時が来た。高い完成度を誇る帝京大に対しても「やることは変わらない」とFWリーダーの左LO東和樹(政経4=京都成章)。FWで崩してBKで取り切るという明治のラグビーを、最後まで追求したい。キーマンとなるのはFB田村煕(営4=国学院栃木)だ。FBながら積極的にラインに参加し抜群のエリアマネジメントで強力なFWを前へと押し上げる。
 今、絶対王者相手に勝利を奪い、新たな王者となれるのは明治しかいない。「王者・帝京を食いたい」(HO中村駿太主将・商4=桐蔭学園)。昂然(こうぜん)とそびえ立つ赤壁を、重戦車が果敢に打ち砕く。

【小田切健太郎・江原璃那子】







●責任とリバイブのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: