検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

スケート部(スピード部門)  決戦は日光 輝くは紫紺 総合王座奪還へ

 
 最多優勝を誇る名門が日光の氷上を席巻する。1月5日に開幕した日本学生氷上選手権。アイスホッケー、フィギュアスケート、スピードスケートの3部門の総力を結集し、最多記録を更新する55度目の男子総合優勝を目指す。アイスホッケー部門は連覇が懸かる。また、フィギュア部門の女子では西野友毬(政経4=武蔵野)が4連覇の偉業に挑む。
 アイスホッケー、フィギュアスケート、スピードスケートの3種目の成績で大学ごとに男女の総合優勝を争う氷上のインカレ、日本学生氷上競技選手権。明大は87大会中、男子最多の54度の優勝を誇る超名門だ。1点差に泣き2位となった昨年の雪辱を果たすべく、日光へ乗り込んだ。
 部門連覇が懸かるアイスホッケー部門は今季、全ての大会で中大に次ぐ2位。3冠を達成しタイトルを総なめにした昨季から一転、悔しさを募らせている。カギを握るのは攻撃陣。地元凱旋となる日本代表FW大津晃介部門主将(法4=日光明峰)を中心に、本来の輝きを取り戻せるか。この大会は中大を2年連続で破るなど、相性のいい大会。期待は高まる一方だ。
 フィギュア部門は何といっても4連覇を懸けて臨む西野。1年次から3年連続優勝を決め、学生王者の貫禄をまとった有終の美を飾りたい。女子のため総合優勝への加点はないが、男子にも有力選手がそろう。昨年7位の野添絋介(商4=東福岡)に加え、東日本ジュニア優勝の鎌田英嗣(営1=獨協)ら強力ルーキーが初めてこの大会へ挑む。上位を独占し得点を荒稼ぎしたいところだ。
 スピード部門は近年苦戦が続いているが、確実に得点を狙う。注目はルーキーの2人、長距離の小林耕大(政経1=佐久長聖)と短距離の久保廉(政経1=白樺学園)。特に久保は全日本学生選手権で転倒のアクシデントに見舞われたものの上位を争い、11月には自己ベストも更新。好調を維持しており、ルーキーながら選手間の評価も高い。昨年の1点を上回る得点を目指す。


 スピードスケート部門で期待が懸かるのがルーキーの久保康(政経1=白樺学園)と小林耕大(政経1=佐久長聖)の2人。12月に行われた全日本学生選手権ではともに最終種目まで進むことはできなかったが、いずれも好タイムをマークし今後への期待を予感させた。主将の荻野達哉(政経4=白樺学園)もここにきて調子を上げており、集大成の舞台へと挑む4年生の活躍にも期待できそうだ。

 目指すは昨年の成績超えだ。昨年は個人種目、団体種目でともに得点を稼ぐことができず、総合成績は8位に終わり、明大としてもスケート3部門の総合優勝を逃した。しかし、今年は同じ轍は踏まない。12月の全日本学生選手権でブレークを予感させた久保と小林の2人のルーキーはもちろん、スプリント部門で総合9位に入った渡邊勇人(政経2=白樺学園)も力を付けてきている。特に、全日本学生選手権では2日目の500mで転倒するアクシデントで無念の棄権となった久保は今季上り調子。棄権のため順位はつかなかったが、アクシデントがなければ上位入賞もあっただけに、インカレでの活躍にも期待が懸かる。また集大成を迎える4年生にも注目だ。古市博人(政経4=嬬恋)も全日本学生選手権でシーズンベストを記録しており、主将の荻野も調子は上向き。厳しいといわれるインカレ前の合宿の調整次第では、入賞圏内に入ってくる実力はある。
 12月の全日本学生選手権では入賞者こそ惜しくも出すことはできなかったが、自己ベストラッシュと勢いは見せた。勢いのある下級生と厳しい練習に長年耐えてきた4年生の力を融合させ、インカレの舞台で明大が躍動する。

[記事:田悠太郎・松井嚴一郎 レイアウト:橋本杏菜]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: