検索
 HOME > 硬式野球部

チームを率いる浜田監督


東京六大学野球 2016〜春〜  (7)東大戦事前インタビュー@ 浜田監督、山本克主将、山田大選手  

 
頂点に返り咲く。昨季は優勝に王手を懸けた所で連敗し、2年ぶりに春秋ともに優勝できなかった。その悔しさを胸に今季は柳裕也主将(政経4=横浜)を中心にチームを構築。3年ぶりにアメリカキャンプも行った。山俊選手(平28文卒・現阪神タイガース)ら多くのスター選手が抜けた今年は、団結力を武器に戦い抜く。3季ぶりのリーグ制覇、そして春の日本一へ。戦う準備はできている。

 春季リーグ戦が9日に開幕した。明大は16日の東大戦からの登場となる。昨年年間2勝を挙げた東大。今季は早大1回戦で東大投手史上最多となる13奪三振を記録した宮台(東大)など投手層が厚く、例年になく手ごわい相手だ。勢いにのる赤門軍団を撃破し、好発進を決めたい。(この取材は3月13日に行ったものです)



浜田一志監督
――昨季を振り返って

まずは連敗を止めたと。そして法政さんに秋に二つ目勝った時にやってきたことが報われたと、自分たちの道が間違ってなかったと選手たちが実感したシーズンでしたね。(シーズン9失策について)一桁というのは非常に評価できますし、失策数が春、秋一桁ずつというのは東大の90年の歴史で初めてなんですね。守備が安定した証拠が数字にも現れたと思います。

――今季は飯田前主将が抜けてしまいます
飯田の抜けた穴が10メートルくらいあるんだけど、今は5メートルくらい埋まったかな。あと5メートルどうしようかと悩んでいます。誰が埋めるんだろうね。競争してます。セカンドは水島、桐生という2人が競争してます。ショートの山田は守備の要でやってもらいます。

――新チームはどんなチームですか
やっぱり守備中心にして4対3で勝つというのは同じです。投手力は以前よりは良いと思います。中心は宮台です。今まで体力不足で完投能力なかったんでね。今までは中心と言うわけにはいかなかったんだけれども、今は中心です。(昨季はあまり球数を投げていなかった)シンデレラだったでしょ。12時過ぎたら帰っちゃってたから(笑)。

――バッテリー合宿では何に取り組まれましたか
まずしっかり投げ込んでフォームを固めると。暖かい沖縄で3週間やりました。僕は行ってないですが、中西助監督がバッテリーコーチですので全部指導しました。(3週間ぶりに選手を見て)まずがっしりしましたね。ブルペンで見てても軸がぶれなくなったんでね。去年まではシートバッティングでフォアボール出す奴がいっぱいいました。でもそれがなくなってきたんで、底上げができていますね。制球力は投手陣全体で良くなっています。(野手の方の合宿は)こっちは実戦形式で、守備中心というものは変わらないので連携プレーをしたり、バットを振り込むと。1日千スイングなどやっていました。(今オフは)走り込みは野手は去年より倍増やしました。冬はピッチャーが1日20キロ、野手は10キロというペースでした。後半になればなるほど設定タイムを厳しくしていく追い込み型の走り込みで、相当しんどいです。グラウンド(五周で1マイル)をぐるぐる回ります。一周1分50秒から初めて最後1分でいきますからね。めっちゃきついですよ。食事、ランニング、筋力トレーニング、守備、打撃という優先順位11月から2月はやっていたので。全体練習の中で食事をするしランニングをするし、そういう意識付けです。

――投打のキーマンは誰になるのでしょうか
投は宮台、打は楠田。宮台には完投勝利を期待してます。もう体力面では問題ないです。柴田はオープン戦で先発でも使ってます。柴田が先に完投するかもしれませんよ。(宮台と柴田は同学年だがライバル意識は?)ライバル意識はあるかもしれません。僕はもう競争して成長してもらう方が監督してはうれしいので。楠田は不動の4番にしたいですけどまだまだです。楠田は下半身が強くなったのでたぶんスイングも強くなりましたね。

――昨季終わってからチームとしては何を目標にやってきましたか
やっぱり守備をきちっとやることです。そこはぶれないでずっとやっています。(今年も勝ち点3が目標?)今年はシンプルに「勝ち点」でいきます。なんか目標が下がったみたいだけどね。とにかく一個の積み重ねということですよ。去年勝って選手は普通にやってりゃ一つは勝てるだろうと緩みがあるんです。今監督としてはそこを引き締めていくということに苦心しています。

――明治戦はどのように戦っていきたいですか
明治さんが100パーセント、うちが100パーセントの力で戦ったら明治さんの勝ちです。ひりひりするような展開で明治さんが緊張して、7割の力しか出せない状況になったときに勝機があると思っています。だからその分、うちの選手がメンタル的に強くなってもらわないと。明治さんや法政さんの選手は甲子園でもまれてやってきた選手なんで、まだまだ強さでいうとうちの選手はひ弱ですから。うちが100パーセントで相手にプレッシャーをかけるということをやっていかないといけませんね。東大が勝ちそうになると球場が味方してくれるんですね。法政の選手がアウトになると拍手したりするでしょ。そういううちの有利さをどう生かすか。終盤まで接戦しないとああいうのは起こりませんから。

――今季のチームカラーは
いやチームカラーはライトブルーですよ。相変わらず。物理的にもですけど、まだまだ青二才だと。そういう感じですね。でもねこれを相手を凍りつかせるような青にしていきたいと思います。

――最後に目標をお願いします
勝ち点とって最下位を脱出したいと思っています。

――ありがとうございました。



今季から主将を務める
今季から主将を務める


山本克志主将
――昨年を振り返って

春に関しては今まで一回も勝てなかった中で1勝できたのは新しい感覚でした。勝利を実感してようやく次のステップが見えました。自分が入部してから2年間ずっと負けてたので。秋は勝ち点目指してたんですけど1勝しかできなかったという感覚です。飯田前主将がずっと勝ち点3と言っててチームとしても目標にしていたのですが、法政戦で勝ち点を取れず、そのあとも惜しい試合がありながら勝ち切れなかったのは力がなかったのかなと思います。今年は昨年以上に厳しくやっていこうという感じです。(個人としては)去年は春も秋もケガがあって思うようにリーグ前に野球ができなかった面もあって、今年は気を付けてベストな状態でリーグ臨めるようチーム含めてやっていきたいです。


――主将として意識していることは
自分が一番主将として気を付けているのは自分が一番ちゃんとやるということです。人に要求することをまず自分が一番やって、その上で特に最高学年である4年生と山田大や楠田といった一個下の主力選手に対して同じレベルのものを要求していくという感じです。去年の飯田さんはすごく野球のレベルが高い方だったので自分のレベルはそこまでないですけど、自分は自分なりの主将ができればいいかなと思います。

――今季も打撃で貢献したいという気持ちは
今年は山田大、楠田が主軸なので僕らは粘り強く仕事をしたいなと思っています。やっぱり4年生が一番気持ちで見せられると思うので、粘り強くボールに食らいついていく姿勢であったりとか、そういうところで力が出せるんじゃないかなと。それが良い結果に結びつくかなと思います。

――主将になった経緯は
基本的に東大は最高学年が集まって主将を決めるんですけどそのとき立候補して、他にも立候補者がいたんですけど4年生の投票で僕が選ばれて主将になりました。自分が一番神宮で苦い経験をしてきたというか、厳しさも分かっていますし、勝ちたいという気持ちが一番強いかなと思ったのでやりたいと思いました。

――チームとしてスタミナ面の心配はあるのでしょうか
去年は3戦目に明らかに選手のパフォーマンスが落ちていたので食事、ランニング、トレーニングと監督が基本方針を掲げて取り組んできました。オープン戦も3連戦であったりを組んでるので備えていけるかなと思います。

――オープン戦では2番を打つこともありました
今のところほぼ2番で固定されてるんじゃないですかね。今までのリーグ戦は確かにクリーンアップが多かったんですけど2番も打ったことありますし山田大、楠田、田口あたりの方がパンチ力はあると思います。自分は単打とかバスター、バントといったミート的なところが持ち味だと思っているので気持ち的には楽です。クリーンアップというと長打をイメージ的に求められるところで、自分もそれで苦しんだ部分はあったので2番という打順は自分に合ってるかなと思います。3番、4番につなぐというバッティングをと監督からも言われているのでそういう仕事ができたらいいかなと思います。

――オープン戦をしていく中で新チームはいかがですか
オープン戦やって全敗で来ているので厳しい戦いになるなとは思っていますね。これから守備、打撃ともに自分の厳しさがまだ足りないかなと思っています。これからの練習で厳しくしてリーグ戦に臨まないと10連敗しちゃうかなと思うので頑張っていこうと思います。

――今季の目標は
最下位脱出と言ってるんですけど、自分は順位にこだわりたくて毎年最下位の東大を変えたいということで最下位脱出、そのための勝ち点という感じです。去年までは単純に勝ち点という感じだったんですけど今年は順位にこだわって、他大と順位争いをしてその結果上の順位に行けるよう頑張ってという感じです。

――今季はどんなシーズンにしていきたいですか
去年までは一選手としてだけだったんですけど今年は主将として臨むので、自分の成績とかあると思うんですけどそれ以上に戦う姿勢を一番に見せる必要があると思いますし、そういう面を頑張っていきたいかなと思います。

――ありがとうございました。



攻守の要を担う
攻守の要を担う

山田大成選手
――昨季を振り返って

自分たちがしっかりしたゲームをしていれば勝てる試合もあったので、1勝で終わってしまったと考えなければいけないと思います。自分は1年生のときから出てるんですけど、その時は「お前は守備で使っているから」と監督に言われていて、自分の中でもまず守備で貢献するとずっとやっていました。ただクリーンアップで出た早大2回戦で自分が打てなくて負けた試合があって、そこでしっかりバッティングの面でも貢献しないといけないなと思って、すごく責任を感じました。そこから考え方変えて、今までは守備をやっていればいいかなという感じだったのをしっかりバッティングの面でも責任を持って取り組むようにして、法政からは結果が出たと思うので気持ちを変えてよかったです。

――チームとして打撃で進歩した要因は
自分が入ってきたときは単純にピッチャーとバッターの力勝負に負けていたのもありました。去年の飯田さんの代に代わってからはピッチャー対バッターじゃなくて、ピッチャー対東大のラインナップ9人という感じで、いかにして点を取っていくかというふうになりました。フォアボールだったりを絡めてピッチャーを苦しめるようにしたというのと、単純に打力が上がってたまにですけど打てるようになったのはあると思います。

――個人として打撃はどのようなことに取り組んできましたか
相手の一番速いボールに対して振り負けないようなスイングを練習からつくっていこうと思いました。ストレートに振り負けないという六大学からすればレベルの低い目標なんですけど、とりあえず真っすぐを打てるようにと考えてやっていました。

――今オフはどのようなことに取り組んできましたか
クリーンアップとして仕事ができるようにバットを多く振りました。去年は相手にとって嫌なバッターというのを目指してたんですけど、今年は外野の間を抜いていくような強い打球が打てるように打球、スイングの速さといった強さを身につけようと思ってやっていました。バッティング練習やウエイトトレーニング、食べる量も増やしました。5キロくらい体重も増えましたね。

――ショートとして飯田さんの穴は感じられますか

だいぶ感じますね。去年飯田さんがいたことで安定していた部分はありますし、声掛けとかもやってくれていました。去年からのレギュラーでポジション変わってないのは自分だけなので、内野は自分が引っ張っていかないといけないなと思っています。

――目標は定められていますか
自分では特に決めてないんですけど監督には「上を目指してやれ」と言われています。守備では確実性よりピッチャーが打たれたと思った打球を取れるような守備をしたいなと思っていて、今までは打ち取った打球だけしっかりと取れるようにやってたんですけど、そういうふうに監督に言われてからはピッチャーを助けられるよう守備範囲を意識しています。バッティングではランナーを返せるバッティングができるようパワーアップすることです。

――昨年は年間2勝しましたが今季はどうしたいですか
去年の代を上回らないといけないです。シーズン1勝だと勝ち点も取れないですし勝ち点を取らないと最下位脱出もできないので、ずっと最下位だと東大がリーグにいる意味はあるのかなとずっと話しているので、しっかり最下位脱出できるように、まぐれでなく一つのチームからしっかり二つ勝って勝ち点を取って最下位を脱出したいです。去年よりは絶対守備力が落ちるのでそこを最小限に食い止めるか、守備面で上回らないとです。去年は守備が安定していたからこそ攻撃にもつながったと思うので、しっかりやっていきたいです。

――ありがとうございました。
[原大輔]

●東京六大学野球 2016〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: