検索
 HOME > 硬式野球部


東京六大学野球 2016〜春〜  (8)東大戦事前インタビュー➁ 山本俊選手、宮台選手、柴田選手  

 
 頂点に返り咲く。昨季は優勝に王手を懸けた所で連敗し、2年ぶりに春秋ともに優勝できなかった。その悔しさを胸に今季は柳裕也主将(政経4=横浜)を中心にチームを構築。3年ぶりにアメリカキャンプも行った。山俊選手(平28文卒・現阪神タイガース)ら多くのスター選手が抜けた今年は、団結力を武器に戦い抜く。3季ぶりのリーグ制覇、そして春の日本一へ。戦う準備はできている。

 春季リーグ戦が9日に開幕した。明大は16日の東大戦からの登場となる。昨年年間2勝を挙げた東大。今季は早大1回戦で東大投手史上最多となる13奪三振を記録した宮台(東大)など投手層が厚く、例年になく手ごわい相手だ。勢いにのる赤門軍団を撃破し、好発進を決めたい。(この取材は3月13日に行ったものです)


球速から球のキレに意識を変えた
球速から球のキレに意識を変えた

山本俊選手
――昨季を振り返って、どのようなシーズンでしたか
春に1個勝てて、秋は絶対に勝ち点を取ろうという中で、自分のピッチングのせいで勝ち点を逃した責任を感じています。2戦目投げさせてもらっている中で、自分でいいんだろうかという気持ちになるような試合もありましたし、ふがいない結果ばかりだったのでチームに迷惑をかけたというか後悔があります。あそこでもっとこうしておけば良かったっていうのがあるシーズンでした。

――以前、球速からキレにこだわっていくというお話をされていました
軌道的には良くなっていたんですけど、肘を痛めたこともあって腕が振れないという状況で、多少球の軌道が良くなっても普通に打たれます。(自分は)思い切って腕を振って勝負していくピッチャーだと思っているのでが、腕が振れずコントロールがいいわけでもないので結構投げ方も迷いました。試合中に投げ方をどうしようと考えてしまったこともありました。

――秋から現在までの成果などはありますか
まだ肘が完治していなくて治りきってはいないですけど、腕はだいぶ振れるようになってきました。今までは下半身下半身と意識していたんですけど、腕が振れないと投げ方が分からないということは、腕を振るにしろ振らないにしろ、しっかり下半身主導で投げようとずっと考えています。ピッチャーとしては、どうしたらうまく力が伝えられるかが全てだと思っています。球に速さもキレもそこに集約されるので、力をうまく伝えるために、じゃあどうするのかと考えて取り組んでいます。

――調子はいかがでしょうか
肘の調子がいい時は結構もう、球自体は良くなっているんですけど、今日みたいに寒い日は肘が痛くて投げたくないというくらいです。まだばらつきがあります。本当に肘のコンディションに左右されている状態です。

――最上級生として東大投手陣を引っ張る役割もあるかと思います
自分がどう投げたいか、ということもそうなんですけど、最上級生という立場も考えて、任されたイニングをどういうイニングでもどういう場面でもとにかく力を発揮するというふうに考えています。先発したいとか抑えがしたいとか中継ぎがしたいとか、あまり今はないです。とにかく自分の良さを出して、1人1人のバッターを抑えるという役割しかないのかなと思っています。去年の秋までは「絶対に先発で投げたい」と思っていたんですけど、今はとにかく勝ちに貢献できるようにって。一番いいのは宮台みたいに勝ち投手になって貢献するっていうのが目標ではあるんですけど、それだけじゃなくてチームから求められていることに対して応えられるようなピッチングをしたいなと思っています。

――明大打線の印象はどうでしょうか
明治と対戦していて思うのは、本当に堅実なバッティングをしてくるなと。代が変わろうが主軸が引っ込もうが、結局やってくることが一緒で、そこが怖さです。もちろん一人も気を抜けないですし、こっちも丁寧に気持ち込めて一球一球投げていかないと、太刀打ちできないチームだと思います。

――明大は山俊選手(平28文卒・現阪神タイガース)など主軸が抜けます
確かに去年から(打線は)変わると思うんですが、点の取り方とかコツコツ攻めてくるスタイルは変わらないと思います。豪快にバンバン振り回してくるっていうよりは、ここでこの嫌な打球を出すかと、こっちが嫌なことをやってくる印象があいます。

――この春の意気込みをお願いします
さっきと言っていること矛盾してしまうんですけど、やっぱりチームに対する最高の貢献は勝ち投手として貢献することなので、何とか勝ち投手になって、貢献したいなとは思っています。

ありがとうございました

確固たるエースの座を築いた
確固たるエースの座を築いた

宮台康平選手
――昨季を振り返って

1戦目全部先発を任せてもらって、本当に責任の重い立場を任せてもらえました。それで勝てなかったというのは悔しい思いもあるんですけど、だからその分今年はチームの勝敗にもっと関わって、自分が全部背負ってるんだというくらいの覚悟でやっていきたいなと思っています。(防御率がリーグ4位だったが)球数制限があってある程度決められたイニングしか任されていなかったので、僕も余裕がある中でそのイニングだったら間違いなくゼロで抑えて帰ってくることができたので球数制限が一番ですね。ただそれはチームの勝利には直結しないので僕の次は9回というもっと長いイニングをゼロに抑える、同じように投げられるというのが目標です。

――浜田監督は宮台選手がエースで完投勝利も期待できるとおっしゃっていました
完投勝利は個人の目標でもあるのでもちろん目指すところではあります。監督にそう言ってもらえたのは本当にありがたいですしその分責任もあります。エースだろうと誰だろうとマウンドに登るのは1人なので、そのピッチャーが抑えるというのは東大投手陣の共通の認識なので、エースだからこうというのは特にないですね。マウンドに登ったピッチャーがゼロに抑える、その役割を果たすということをしていけば勝利につながるというふうに考えています。

――スタミナ面の心配は
課題でした。ただケガしちゃったので少し遅れているんですけど春は完投するつもりで考えています。(オフは)走り込みました。球の質は上がっていると思います。まだ実戦があまり始まっておらず長いイニングは投げていないので、スタミナがどうというのはまだ分からないですけど。キャッチボールとかブルペンで投げている球の質は上がっているなと感じます。

――昨年はチームで2勝することができましたが
まず勝てたことで、自分たちも他の大学と対等に戦えるんだという意識が僕たちに持てるということが一番大きいです。対等な立場で試合が始まるんだ、戦えるんだと思えば気持ちで負けないですし、勝ち点だったり最下位脱出だったりもっと上のステージにつながってくると思います。

――バッテリー合宿はいかがでしたか
僕はケガの影響で帯同してないです。福岡の方も行けませんでした。(その間は?)遅れている分東京で走り込みだったり体力づくりをメインとして取り組みました。

――オフの取り組みは
2月にジャイアンツ球場で鹿取投手コーチから教えをいただいて、そのフォームで投げたんですけど、目的は腕を速く振るということで、映像で見て本当に良くなってるなというふうに思ったので、そのフォームを取り入れて自分のものにできるようにというのを今取り組んでいます。まだコントロールだったり、バッターが立つと、というところがあるので課題を一つずつ潰しながらという感じです。

――新チームの目標をお願いします
勝ち点です。自分のたちにとって未知の領域ですし、だいぶレベルの高いことです。(春の目標は)僕としても3年生の春ということで本当に勝負の年ですし、ここまで球数制限だったり色々設けながらやってたんですけどそういうのもなく、チームの主軸として勝敗の責任を背負うくらいの気持ちで挑んでいきます。

――ありがとうございました。

変化球の制球力に自信をつけた
変化球の制球力に自信をつけた

柴田叡宙選手
――昨季はご自身にとってどのようなシーズンでしたか
主に宮台の後を投げる場面が多かったんですけど、宮台が0とか1に抑えて接戦や同点の場面で自分に回ってきても、抑えられ切れずにチームが負けるという、責任を感じたシーズンでした。力のなさを強く感じました。

――投球自体を振り返ると成長は感じていますか
良かった部分としては、去年に比べて変化球に関してはある程度自分の中では悪い試合もあったんですけど、多くの試合ではイメージ通り投げられたことは成長を感じました。課題としては、ストレートの球威のなさとコントロールの甘さです。慶應との試合ではインコース狙ったボールが真ん中にいって横尾さんに本塁打打たれたりとか、単純に甘く入った球が打たれる球威のなさ、真っすぐに関しては課題が多いです。

――この冬を超えて成長の実感はありますでしょうか
キャッチボールとかブルペンではある程度、投げられています。ただオープン戦では勝っても、そこまで投げられているような感覚はありません。トレーニングをある程度しっかりやってきて、体の強さは出てきていると思うので、それを生かせるようにしっかり体を上手く使って強さを使い切るっていうふうに。そこができていないので、もっと追求して練習しているところです。

――明大打撃陣の印象は
明治は本当に1人1人のバッターがチームバッティング、送りバントだったり四球を選ぶことだったり、力のあるバッターも全員含めてラインナップ9人がチームの得点のためにプレーしているなという印象です。それはピッチャーにとっては正直しんどいというか、振り回してくれるほうが楽な場面でもきっちり右方向に打ってきたりとか、そういうのを含めて、もちろんパワーヒッターもいますので嫌な感じはします。

――ご自身の持ち味は何でしょうか
宮台に比べると自分は本当にストレートの球威っていう面でリーグ戦のレベルと比べても弱さがると思うので、そこを補うためにはどうしたらいいのかっていうのを常に考えています。その一つはコースのコントロールで球威の弱さをカバーしたいと考えています。アウトコースに関してはある程度は自身があるんですけど、特にインコースの精度を高められるように練習しています。もっともっとインコースを攻められるようにしたいと思っています。あとは緩急を使えるように。変化球でストライクを取れるようにすることで、ストレートに対するアクションを遅らせることができると思います。高い精度の変化球でカウントを取れるように意識しています。

――今季の目標をお願いします
去年は自分が負け投手になるということがすごく多くて、その分悔しい思いもしたのでこの春はしっかり自分が抑えてチームが勝つっていう場面を増やしたいので、どの場面で投げるかは分からないですが、しっかり任されたイニングを本当にチームが勝てるように少ない失点で抑えられるようにやっていきたいです。

――ありがとうございました

[原大輔・星川裕也]

●東京六大学野球 2016〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: