検索
 HOME > 水泳部

1年生ながら大活躍の石井

水泳部  女子総合10位 健闘するもシード権逃す/日本学生選手権

◆9・2〜4 第92回日本学生選手権(東京辰巳国際水泳場)
[1日目]
▼女子50m自由形
B決勝6位 細田 26秒83
▼女子400m自由形
2位 石井 4分11秒61
▼女子200m背泳ぎ
6位 神村 2分12秒23
▼女子400mフリーリレー
B決勝2位 明大(藤井・樋口・石井・細田)3分50秒02

[2日目]
▼女子100mバタフライ
7位 細田 1分0秒87
▼女子400mメドレーリレー
B決勝4位 明大(神村・石井・細田・藤井)4分13秒17

[3日目]
▼女子100m背泳ぎ
5位 神村 1分2秒19
▼女子400m個人メドレー
7位 石井 4分47秒93
▼女子800mフリーリレー
4位 明大(石井・樋口・藤井・神村)8分20秒32
▼女子総合成績
1位 東洋大 480.5点
2位 日体大 396.5点
3位 中京大 319.0点
10位 明大 117.0点
 女子総合は10位で終えた。女子部員9名という少ない人数で800mフリーリレーの決勝に進むなど健闘。個人種目でも、石井茉宏(情コミ1=筑波大付)がルーキーながら400m自由形で準優勝する活躍を見せた。しかし少数精鋭で2年連続で獲得してきたシード権は手放すこととなった。

石井が大活躍
 3日間で10レースをこなした。初日に行われた女子400m自由形に出場した石井は余力を残した状態で予選を2位通過。初めてのインカレで決勝の舞台に進んだ。スタートから勢いよく飛び出し、2位の和田(中京大)に体半分のリードを奪ったまま350mをトップでターン。しかし優勝を目前にしたラスト25m、和田が猛烈なラストスパートを仕掛ける。最後は4年生の意地を見せつけられ、2位でこの種目を終えた。「最後まで粘り切れなかった」(石井)と2年ぶりのベスト更新といううれしさ半面、途中まで先頭を泳ぎ続けていただけに悔しさの残るレースとなった。それでも、その後に行われた400mフリーリレー、2日目の400mメドレーリレー、そして最終日の800mフリーリレーと1年生ながらリレー種目にフル出場。75点を獲得する大きな得点源として、明治の女子チームに貢献した。個人では400m個人メドレーでも7位入賞を果たし、タフレースをものともしない驚異的な体力を見せつけた。MVPともいえる活躍をした石井のさらなる成長に期待したい。


決勝進出に喜ぶ選手たち
決勝進出に喜ぶ選手たち

藤井 引退レース
 思わず涙があふれ出た。最終レース800mフリーリレーで引退となる藤井ひかり(法4=市立船橋)のもとには、レース前から多くのチームメートが駆け付けた。「その時点ですでに泣きそうだった」と仲間からの激励を背に、水泳人生を飾る集大成のレースに臨む。個人種目では100m・200m自由形ともに目標のベストには届かず、納得いく終わり方ができていなかったが「ここでふてくされているわけにはいかない」と前半を泳ぐ石井、樋口恵夢(情コミ2=市立船橋)を背中で引っ張った。アンカーを務めたのは唯一同期の女子選手、神村万里恵(情コミ4=八王子)。藤井から神村へ、4年間の思いを繋いだ。連日の疲れもあり、予選からタイムを落としてしまったものの「悔いはない」と笑顔を見せた。最初で最後のメドレーリレーを全力で泳ぎ切り、水泳人生に幕を閉じた。
 今大会の女子チーム目標である「女子総合8位以上でシード権獲得」を達成することはできなかった。そのため、来年は関東学生選手権からのスタートとなる。「強くなってまた復活してほしい」と後輩にエールを送った。

[横手ゆめ]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: