検索

第475号 新入生歓迎号

  硬式野球部  伝承の強心臓 水野

  強力右腕の復活だ! 水野匡貴投手(農4=静岡)は昨季調子が上がらず、リーグ戦後半はベンチ外。雪辱に燃え、この冬は下半身強化にいそしみチームの柱として帰ってきた。日本一をスタンドから見届けた男が、今季は神宮のマウンドで輝きを放つ。

栄冠の光と陰
 不完全燃焼だった。昨春リーグ戦初先発を任された慶大2回戦で完封勝利し、同カード4回戦でも6回無失点。一時は第2先発候補にも挙がった。しかし、その後先発を任された2試合は制球が定まらず自滅し、共に3回を持たずして降板。結果不振を脱せず信頼を失い、秋の後半戦はベンチにすら入れなかった。「何も貢献できなかった」。チームは春秋連覇、神宮大会で日本一。三冠達成の喜びに浸る中、スタンドに立つ自分。ただ歓喜の輪を見つめることしかできなかった。

安定感MAX
 もうあの屈辱は味わわない。制球力不足に悩んだ昨季の悔しさを胸に原点回帰。走り込みの量を増やし、体幹トレーニングで軸を安定させた。一回り太くなった下半身主導での投球は持ち味の直球により重みが加わり、スライダーの切れにも磨きがかかった。
 2月に行われた大学生たちに向け元プロ野球指導者がアドバイスをする企画「冬季特別トレーニング」では、明大OBの鹿取義隆氏(昭54文卒)に指導を受けた。そこで、今までコツをつかみ切れていなかったツーシームを享受。「感覚を覚えられるように今も続けている」。先輩直伝の変化球は、安定した投球へとつながっている。

マウンド度胸
 身近なところにも良い手本がいた。柳裕也選手(平29政経卒・現中日ドラゴンズ)、星知弥投手(平29政経卒・現東京ヤクルトスワローズ)の二本柱からは技術以上に「強気のピッチング」を見て学んだ。元々投球の際には気負ってしまっていた水野。「気持ちの入り方や、投げる姿勢が印象的だった」。昨年、偉大な2人から受け継いだマウンド度胸には自負がある。
 「自分が投げる試合は全部勝つ」。頼もしくなった右腕は、勝利のためにマウンドに立つ。
【浜崎結衣】


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: