検索

第475号 新入生歓迎号

  ラグビー部  花園制した闘将 箸本龍雅

  重戦車に強力ルーキーが加わった。箸本龍雅(商1=東福岡)は、188a、110`の巨体にスピードとパワーを兼ね備えた大型ロックだ。主将として、ラグビーの名門・東福岡高を2季ぶりの高校3冠へと導いた。頂点を知る男が常勝明治復活の一翼を担う。

主将の自覚
 花園優勝の立役者だ。「俺にボールを集めろ」。準決勝の御所実高戦で放った言葉の裏には「最後の大会だから後輩に任せるより自分が持った方が前に行ける」という自信があった。力強い突破で起点をつくり逆転トライを演出。そして迎えた決勝の相手は東海大仰星高。1年前敗れた相手に真っ向勝負で挑みリベンジを果たした。 東福岡高は花園で5試合311点の大会最多得点記録を樹立。箸本は史上最強チームをまとめ上げた。「日本一はメンバーに選ばれなかった3年生が最後までサポートしてくれたおかげ」。周囲への感謝も忘れない。花園での活躍から高校日本代表でも主将を務めた。「言葉はうまくないし、プレーで引っ張るタイプ」。誰よりも体を張り続け、名実ともに日本一の主将となった。

前へに憧れ
 中学校の時はラグビーが嫌いだったという箸本。ラグビースクールに通う傍ら、中学校ではサッカー部に所属し「高校ではラグビーを続ける気はなかった」。転機となったのは、中学校3年次にラグビーで福岡県選抜に入ったこと。「選ばれなかったら今ラグビーはしていなかったと思う」。選抜チームで優勝を経験し、仲間と勝つ喜びを知った。
 「明治以外の進路は考えなかった」。前へ≠ニいう言葉に突き動かされ、高校2年次には明治進学を志した。「明治はFWが強くて前に出るラグビーをする。自分もそこに入って力強いラグビーがしたかった」。高校の藤田雄一郎監督からの「お前は強い所でもまれるのが向いている」という後押しもあり、箸本は必然のごとく重戦車の一員へと導かれた。
 目指すは帝京大を倒しての日本一だ。若き紫紺の戦士が重戦車を前進させる。【柏崎涼介】


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: