検索

第475号 新入生歓迎号

  ソフトテニス部  遅咲きのインハイ王者 本倉健太郎

  早大崩しの役者がまた一人入部してきた。本倉健太郎(農1=岡山理大付)はインターハイ個人優勝と輝かしい成績を持つ。その確かな実力で明大を日本一に導く。
攻撃的
 攻めの後衛だ。「不器用だからサポートより攻めにいく」。相手の甘い返球を見逃さず、鋭いストロークをたたき込む。高い攻撃力で後衛ながら得点源となってきた。初の優勝経験が高校3年次と遅咲きの本倉。そんな彼の原点となっている試合が高校2年次のインターハイ団体戦だ。チームカウント1―1の状況で本倉に回ってきたが、惜しくも敗北。「先輩のインターハイを終わらせてしまった」。これを機に勝ちたいという思いが人一倍強くなった。このころから日本代表でもある上松とペアを組むことになり、これが本倉をさらに熱くさせた。練習ごとにお互いに意見を出し合い、独自のプレーを研究した。その結果生まれたのが攻撃的なテニス=B前衛後衛ともに攻めるスタイルは2人にピタリと合い、インターハイ決勝は4―2と快勝した。 
 謙虚な性格もコートに入れば一変する。相方の上松が早大に進学。互いのことを知り尽くしているからこそ「純粋に勝ちたい」と闘志を燃やしている。大学ではミスのない後衛を目標に掲げ、インカレ5連覇中の早大に勝ち切れない現状に終止符を打つ。「1年生らしく元気よくやる」。本倉が明大旋風を吹き荒らす日はすぐそこだ。【曽我怜平】


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: