検索

第484号 新入生歓迎号

  バドミントン部  由良なぎさ インハイ2冠のサウスポー

  攻撃型左腕が新たな歴史を切り開く。由良なぎさ(政経1=ふたば未来学園)は昨年インターハイで2冠を達成した実力者だ。大学でもその力を存分に発揮する。

圧倒的優勝
 完全優勝を成し遂げた。高校3年次のインターハイ女子ダブルス。初戦から1セットも落とすことなく決勝まで勝ち上がった。決勝の相手は団体戦で敗れたペアだったが「絶対に勝てると思った」。序盤から速い攻撃を展開し、9点を先取。左利き特有のキレの良いショットを打ち込み、主導権を握った。攻めの姿勢を崩すことなく2セットを連取。自慢の攻撃力で押し切り、無傷の優勝を果たした。

意識の高さ
 常に強さを追い求めてきた。小学校を卒業すると、地元を離れ単身福島県へ。バドミントンが盛んなこの地で質の高い練習を行ってきた。ふたば未来学園高の練習は基本的なメニューばかり。その中で実戦を想定し、一球に対する集中力を高めた。また、アファメーションという目標設定を取り入れた。目標を具体的に紙に書いて自己宣言≠し、達成するために何をすべきかを下に記入。その紙を目につく所に貼り何度も見ることで、自身のモチベーション向上につなげた。「意識の面で進んでいた」。濃密な練習に最適な環境が由良の成長を後押しした。
 4年間の目標は「インカレでシングルス、ダブルス、団体で優勝すること」。3冠に向けさらなる成長を遂げる。【桐山雄希】

♡由良なぎさ(ゆら・なぎさ)群馬県出身。ふたば未来学園高出。小学5年次からジュニアナショナルチームに所属。162a


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: