検索

第484号 新入生歓迎号

  スキー部  中村初優勝 純ジャンプ明大勢連覇

  中村優斗(営3=長野県公立飯山)がインカレのスペシャルジャンプで初優勝を果たした。昨季の永峯寿樹(政経3=元・飯山北)に続いての制覇。今種目での明大勢の連覇は9年ぶりだ。

自己流貫徹
 独自の人生観が勝利を引き寄せた。中村の信条は「いつでもしたいことをする」こと。無類のゲーム好きである中村。雨と強風の影響を受け、6時間20分遅れでスタートした今種目でも、競技前の待ち時間に宿舎へ戻り、お気に入りの携帯ゲームを1時間プレーしていた。天候は荒れ続け、競技が始まってからも強風の影響で度々中断になったほど。そんな中でも、中村の集中は切れなかった。「自分のジャンプができた」と、自慢の脚力を生かして踏み切ると、K点に並ぶ90bの大ジャンプ。優勝をかっさらった。「特にジャンプの前は考え過ぎると良くない。やりたいことをして、リラックスしています」。独特の信念を貫き通した中村にとっては、悪条件だってへっちゃらだった。
 本職でも優勝を目指す。コンバインド部門に所属する中村。昨季はノルディック複合で準優勝を果たしたが、今季は7位に沈んだ。悔やみながらも「どんなことをしても結果が出なければ意味がない。だからこそ、いつも通り楽しい生活をして勝つ。それが理想です」と、中村流≠ヘぶれない。自由気ままな生き方で来季は2冠を狙う。【古賀章太郎】

◆中村優斗(なかむら・ゆうと)長野県出身。日本代表強化指定選手。2月に白馬で行われたW杯では自身最高の18位。173a・61`


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください
Email: